Threadripper&GTX 1080 Ti搭載PCをVega 64に替えて性能差を見てみた

アスキー 2017年10月11日(水)17時00分配信
03
LEVEL-F039-LCRT5X-XNVI

 編集部に届いたユニットコムの「LEVEL-F039-LCRT5X-XNVI」。前回はRyzen Threadripper 1950XとGeForce GTX 1080 Tiの構成で性能をチェックしている。ベンチマークを計測しているとき、ふと視界の片隅にRadeon RX Vega 64のパッケージが見えていた。純然たるAMD環境下でのデータもほしい! ということで、Radeon RX Vega 64に差し替えて実力を測ってみた。

03
Radeon RX Vega 64

 Radeon RX Vega 64の詳細については、加藤 勝明氏の『AMD派待望の「RX Vega」はハイエンドGPUにおける周回後れを取り戻せるか?』でチェックしてもらうとして、用途的に気になる部分としてはHBCC(High Bandwidth Cache Controller)。これはVRAM(AMD曰く、HBM2だが)だけでなく、メインメモリーも使用するというもの。アプリケーションによっては、VRAM依存が生じることもあるため、その部分をメインメモリーで補えるというのは便利だ。なお割り当てはRadeon設定から可能だ。

GeForce GTX 1080 Tiに近いスコアを出す

 ベンチマークは前回と同じく「3DMark v2.3.3732」「PCMark 10 v1.0.1275」「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」「CINEBENCH R15」。またベンチマーク実行前にOCCT 4.5.1を2時間をテストして、クリアを確認している。

 ベンチマークスコアは、GeForce GTX 1080 Tiに近いスコアとなったがファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークとCINEBENHC R15ではバラつきが見られた。ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークの場合は、初回は13000スコア越えなのだが、2回目以降は11000台に留まるといった傾向。CINEBENCH R15も、OpenGL89~101fps、CPU(Multi)2700~2850cdと振れ幅が目立った。CINEBENCH R15については、調子のいいときはGeforce GTX 1080 Tiよりもスコアが上であり、コストパフォーマンスの面では好印象。今後のドライバで安定するであろうとすれば、狙い目である。またゲームではなく作業用とした場合、よほどの作業内容でない限り困らなさそうだ。

03
「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」。最高品質/1920×1080ドット/フルスクリーン。ゲームもと考えた場合、無難なスコアである
03
「3DMark v2.3.3732」のFire Strike Extreme。Geforce GTX 1080Tiとあまり差がない
03
Fire Strike Ultra
03
Time Spy
03
「PCMark 10 v1.0.1275」
03
「CINEBENCH R15」。上記しているようにOpenGLとCPU(Multi)のスコアは振れ幅が大きかったが、良好なスコアである

■関連サイト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。