これで見落としゼロ、kintoneの通知を「Slack」や「Gmail」に飛ばそう

アスキー 2017年10月11日(水)10時00分配信

 メール、グループウェア、社内SNS、ビジネスチャットなど「業務コミュニケーションツール」は多様化しています。kintoneを使っている組織でも、「Slackも導入していて、Slackの確認頻度のほうが高い」というケースや、「メインのコミュニケーションツールはメール」というケースがあると思います。

 複数のコミュニケーションツールを使っている場合、各ツールへの通知が1カ所に集約されていると便利ですよね。最近は、これらのコミュニケーションツールを簡単に連携してワークフローを自動化できるWebサービスが色々出てきています。kintoneの「Webhook」機能とワークフロー自動化ツールを組み合わせることで、kintoneへの通知をSlackやGmailに流すことが簡単にできます。

Microsoft FlowでkintoneとSlackを連携

 kintoneのWebhook機能とは、kintone上でイベントが実行されたときに、それをトリガーとして外部のWebサービスにHTTPで通知する仕組みです。サイボウズ<4776>のデベロッパー向けコミュニティサイト「cybozu developer network」の下記記事では、「Microsoft Flow」とkintoneのWebhook機能を組み合わせて、kintoneアプリ上で登録、プロセスの更新がなされたことをSlackのChannel(グループ)に通知する仕組みを実装する方法を紹介しています。

 Microsoft Flowは、Webサービスを連携してワークフローを自動化するサービスです。記事中ではそのままコピー&ペーストして使える短いコードを掲載しており、これを使えば3分ほどでkintone×Slack連携のカスタマイズ開発が完了します。ぜひ、試してみてくださいね。

1010kintone
Microsoft Flowを使ってkintoneとSlackを連携

kintone×Gmail連携をノーコーディングで

 もう1つ、kintoneの通知をGmailに流す仕組みを実装する方法を紹介しましょう。「cybozu developer network」の下記記事では、ワークフロー自動化ツール「Zapier」とkintone Webhook機能を組み合わせて、コーディングなしでkintone×Gmail連携を実現する手順を解説しています。

 Zapierでは、トリガーとアクションで構成されるサービス間連携アプリ「Zap」をクリック操作のみで作成し、kintoneに実装できます。「kintoneにレコードが追加されたら」をトリガーに、「Gmailへ通知を飛ばす」アクションを実行する仕組みが簡単に構築できるので、Gmailがメインツールであるというkintoneユーザーの皆さんに是非おすすめしたいカスタマイズです。

1010kintone
Zapierを使ってkintoneとGmailを連携
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。