8コアCPU搭載PCの実力!ゲーム実況に本当に強いのか大検証

アスキー 2017年10月12日(木)19時00分配信
sy

 今年のデスクトップCPU競争はかなり激しい。ザックリと流れを解説すると、まず、Intelが1月に最高4コアCPUとなる“Kaby Lake-S”(第7世代Core)を投入。これは省電力化や動作クロックの上昇、内蔵GPUの4K HDR対応といったものがメインの強化ポイントで、従来からの最大4コア8スレッドCPUとして正統な進化となっていた。最上位モデルは「Core i7-7700K」で、ゲーミングPCを中心に、今でもハイスペックPCのベースともいえるCPUとなっている。

 これに対してAMDが3月に投入したのが、新しい“Zen”アーキテクチャを採用した「Ryzen」シリーズだ。動作クロック当たりの性能ではIntelのCPUに勝てないものの、その溝を最大8コア16スレッドというコア数の多さでカバー。Intelの第7世代Coreを軽く超え、サーバー向けCPUに肩を並べるほどの高性能を叩きだしてしまった。最上位モデルは「Ryzen 7 1800X」で、ゲームだけでなくCPUパワーがものをいう動画・画像編集といった用途からも注目されたわけだ。

sy
Zenアーキテクチャを採用した新CPUとなるRyzen。今年のCPU競争はこれの登場からといても過言ではないだろう。(写真はRyzen 7 1700X)

 Intelが、これに指をくわえて黙っているわけがなく、5月には「Core X」シリーズを発表。最上位モデルは「Core i9-7980XE」で、18コア36スレッドという化け物クラスといっていいCPUを投入してきた。もちろんAMDにも次の手が用意されており、それが9月に発表された「Threadripper」シリーズ。最上位モデルは「Ryzen Threadripper 1950X」で、16コア32スレッドと、こちらもCore Xシリーズに負けず劣らず超ド級のCPUとなっている。

 この流れを見てもらえればわかる通り、今年の頭から続くIntelとAMDの殴り合いは、ここ数年どころか10年内でも見たことがないほど激しいものだ。そして、高性能CPUでは多コア化がキーとなっているのがわかるだろう。

 とはいえ、普通にPCを使うだけならこれほどの高性能は必要ないし、高性能PCが欲しいといわれるゲーム用途であっても、4コアの「Core i7-7700K」で十分というのは周知の事実。いくらCPUが速くても、それだけの性能を使い切れるようなゲームが存在しないからだ。では、多コアCPUは意味がないのかといえば……実はそうでもない。

ゲーム用途でも多コアCPUが活躍するのが、実況配信だ!

 多コアCPUが強いのは、動画エンコードやCGのレンダリングなど、作業をある程度分割して処理できる用途。裏を返せば、分割できない用途では多コアを活かすことができず、性能が上がらないわけだ。

 ゲームをプレイする場合を考えてみよう。最近のゲームはマルチスレッド処理に最適化が進んできており、多コアCPUの恩恵を受けられることが増えてきた。ただし、そうはいってもほとんどのゲームは多くても4コアCPUを前提とした作りになっているため、これ以上コア数が増えたところで動作が快適になることは少ない。ゲームソフト本体が多くのプレイヤーが持っているだろうPCを前提にして開発されるのだから、当たり前の話だ。

 では、ゲームでは多コアCPUは意味がないのかといえば、そうではない。ゲームソフトがすべてのコアをフルに使えなくても、複数のソフトを同時に動かせば、それだけ多数のコアが使われるからだ。ゲーム中に別のソフトを動かす事なんてないと思われがちだが、実は思いっきりそういった用途の使い方がある。そう、ゲームの実況配信だ。

sy
毎週水曜20時30分から生放送している、ショータのPCゲーム部。こういった実況配信では、CPUへの負荷が非常に高くなる。

 実況配信では、プレイ中の画面を動画に変換し、それをネットワークを通じて送信するという処理が必要となる。配信の画質を上げるとデータ量が増加し、CPUでの処理が増えるため、CPUが速ければ速いほど高画質で配信できるようになるわけだ。性能の低いCPUで高画質配信しようとすれば、配信動画がガクガクの見れたものではなくなってしまうだけでなく、そもそもゲームが快適にプレイできないほど遅くなってしまう危険すらある。

 では実際、CPUのコア数の違いでどのくらい実況配信が変わるのだろうか。Ryzen 7 1700(8コア16スレッド)を搭載したサイコムのストリーマー向けゲーミングPC「G-Master Spear X370A-DTN-STR」と、Core i7-7700K(4コア8スレッド)を搭載した一般的なハイスペックゲーミングPC(自作)とで、CPU負荷がどう変わるのか実験してみよう。

「XSplit」と「Twitch」を使い、人物を合成した高画質配信に挑戦

 ゲーム画面に実況の声を入れるシンプルな配信ではミドルクラスのゲーミングPCでも問題なく配信できるが、せっかく実況配信をするなら、プレイ中の姿も見える方がより臨場感が出る。そこでロジクールの「C922 PRO STREAM WEBCAM」を使い、ゲーム画面にカメラ映像をリアルタイム合成した場合で実験することにした。CPU負荷はより高くなるものの、ハイスペックのゲーミングPCであればこのくらいはできて欲しいという期待もある。ちなみに合成にはXSplitを使うが、背景の切り抜きにはウェブカメラに付属する「ChromaCam by Personify」を使用した。

 テストに使用したのは、人気のバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」。画質設定は“ウルトラ”とし、「HOME」画面と「輸送機に乗り込んだ直後」の2つのシーンでCPU負荷を比較した。なお、解像度はフルHD(1920×1080ドット)にしている。Twitchでの配信設定は解像度を1280×720@60fpsとし、画質設定はプリセットのveryfast、mediumの2種類を試した。

sy
XSplitとTwitchの設定は、テストした2PCとも共通。左下に、人物が表示されるよう合成している。
sy
いくらTwitchが動いていても本当に視聴できるのかは見てみないとわからない。ということで、手元のスマホで視聴できるかも確認した。
sy

 なお、比較対象とした自作ゲーミングPCは、よくあるハイスペックなゲーミングPCの代表として、グラボはGeForce GTX 1080Tiを搭載している。「G-Master Spear X370A-DTN-STR」のグラボはGeForce GTX 1070とゲーミング性能に差があるものの、サイコムのストリーマー向けハイエンドモデルがどれだけの実力があるのかも見たかったため、そのままで比較している。

 気になる高画質配信の実力は、次ページで紹介しよう。

コア数の多さが実力に直結
高画質配信ではRyzen 7が断然有利

 まずは画質設定を軽めのveryfastにした場合から。Core i7-7700Kの自作PCでは、HOMEではCPU負荷が60%前後程度だったが、輸送機に乗り込んだ直後で90%前後にまで跳ね上がっていた。ただし、配信そのものは滑らで問題なく、しっかりと視聴可能だった。

v2
sy
プレイ画面へのカメラ映像合成は重たい設定だというのは重々承知していたが、ここまで重たいのは予想外。リアルタイム合成がかなり厳しいようだ。

 これに対してRyzen 7 1700ではどうだろうか。同じくveryfastに設定して試してみたところ、HOMEではCPU負荷が30%前後と低いだけでなく、遊んでいる論理プロセッサがあるというのに驚いてしまった。続いて輸送機に乗り込んだ直後を見てみると、こちらはさすがに遊んでいる論理プロセッサはなくなっていたが、余裕の60%前後。最後の2つの論理プロセッサは負荷にかなりの波があり、CPU負荷以上に余裕がありそうな雰囲気だった。もちろん、スマホからの視聴も問題ない。

sy
sy
Ryzen 7 1700で、動いてない論理プロセッサがあるのはまさかの予想外だった。CPU負荷はHOMEでも輸送機でもCore i7-7700と比べかなり低い。

 続いて、画質をmediumへと上げた場合で比べてみよう。Core i7-7700Kではveryfastでも厳しかっただけに結果は見えているようなものだが、やはり画質を上げるとさらに厳しくなっていた。実際、HOMEでは75%でなんとか踏ん張っていたものの、すでにスマホでの視聴では微妙なカクツキがある状況に。輸送機ではついにCPU負荷が100%となり、スマホでの視聴は画面がガタガタ。ゲーム画面もフレームレートがかなり落ちてしまい、ガクガクした動きになってしまっていた。

sy
sy
CPU負荷が異常に高いというのがひと目でわかる結果に。Core i7-7700Kでリアルタイム合成を使うには、フレームレートを落としたうえで画質も落とさないと厳しそうだ。

 気になるRyzen 7 1700だが、こちらも負荷は上昇しているもののHOMEで45%、論理プロセッサは遊びがあるという状況だ。さすがに輸送機では73%にまで上がるが、まだ余裕があるということに驚きだ。スマホからの視聴も滑らかで、問題らしい問題はなかった。

sy
sy

 これらの実験からわかることは、高画質の実況配信をしたければ、多コアCPUの方が断然有利だということだ。ゲームそのもののプレイにはあまり影響がない部分だが、実況を考えているなら、CPUパワーに余裕があればあるほどいい。

 ちなみにさらに画質を上げるとどうなるのかが気になり、Ryzen 7 1700で配信解像度を1920×1080@60fpsへ変更、画質をmediumにして試してみたところ、HOMEで60%、輸送機で91%という結果になった。さすがのRyzen 7でもこの設定では厳しく、まともな配信はできていなかった。

攻略動画を見ながらのプレイや録画などでも活躍

 ここまでは実況配信するというのを前提とした実験だったが、みんながみんな実況するわけでもなく、かなり特殊な用途といえるほどだ。では、こういった特殊な場合を除くと、ゲーミングPCで多コアCPUを選ぶメリットはないかといえば、実はもっと実用的な部分でのメリットがある。CPU性能に余裕があればソフトの同時使用、バックグランド処理に強くなるため、例えば攻略動画を見ながら同じようにプレイしてみる、といったことがゲームに影響することなくできるようになるわけだ。また実況はしないにせよ、自分のプレイを動画として録画して、攻略動画や珍プレイなどとして、後でアップしたいという人もいるだろう。こういったゲームプレイ中の録画でも、CPU性能の余裕が重要となる。

 動画の再生や録画がどのくらい影響するのかは、ゲームによって変わるので何とも言えないが、試しに「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を使ってスコアーがどのくらい変化するのかを見てみよう。まずは基準スコアーとして、他のソフトは何も動かさず、「1920×1080、最高品質、ウィンドウモード」で測ってみたところ、スコアーは12218。これを基準のスコアーとした。

sy
解像度と画質を上げてはいるが、普通にFFベンチを動かしたもの。特殊なことはしていないスコアーとなるため、これを基準とした。

 再生する動画はYouTubeで、シンプルにMicrosoft Edgeで開いて再生しただけだ。解像度は720pとなっていたので、負荷としてはかなり軽めなものとなっている。これをFFベンチ中の画面に重ねて置き、スコアーを測ってみた。

sy
FFベンチの上へかぶせるようにブラウザーを開き、動画を再生するというシンプルなテスト。

 スコアーがどのくらい落ちるのか気になっていたが、結果は12185。その差はわずか33で、誤差の範囲でしかなかった。続いてWindows 10のゲームモードを使ってベンチ中の画面をすべて録画してみたが、スコアーは12001までしか下がらず、その差は2%未満。ほぼ影響がないといっていいレベルだ。

 どんなソフトを使っても大丈夫というわけではないが、ちょっとブラウザーで動画を再生しながらとか、プレイ画面を録画しながらといった“ながらプレイ”でもゲーム性能に影響が少ないというのが多コアCPUのいいところといえるだろう。

ゲーム以外でも活躍できる高性能
「G-Master Spear X370A-DTN-STR」の基本性能をチェック

 ストリーマー向けとなっていることもあり、ゲーム実況配信を中心に「G-Master Spear X370A-DTN-STR」の性能を見てきたが、もちろん、ゲーム以外の用途でも活躍できるだけのポテンシャルがある。定番のベンチマークソフトを使い、その実力を少し探ってみよう。

定番ベンチマークで見る基本性能
8コア16スレッドのRyzen 7 1700の実力は本物だ!

 まずはCPUのマルチスレッド性能がよくわかる「CINEBENCH R15」から。領域を分割し、スレッドごとにCGレンダリングを行なうため、コア数が多くなればなるほどレンダリング速度が速くなる。このレンダリングにかかる時間が短いほど、スコアーが高くなるというベンチマークだ。

sy
4コアCPUでは超えるのが難しい1000cbというスコアーも、余裕で突破。

 結果は見ての通りで、マルチコアが1421cb、シングルコアで149cbとなっている。Core i7-7700Kではマルチコアで970cb前後となるので、Ryzen 7 1700の性能は単純計算で1.4倍以上。高画質配信でも余裕でこなせるという理由がよくわかる結果だ。ちなみにシングルコアではCore i7-7700Kは197cb前後となるので、コア当たりの性能では負けている。

 今回試用したモデルは、システム用にSATA接続のSSD、データ用にHDDを搭載している。SSDはNVMe対応のM.2 SSDの方が性能面では上だが、容量当りの単価が高めになってしまうのがネック。体感速度ではSATAのSSDでも効果が高いため、コスパを考えるならSATA接続のSSDを選ぶというは十分ありだろう。

 実際に「CrystalDiskMark」で性能を見てみると、シーケンシャルで500MB/sオーバー、ランダムでも200MB/s以上出ており、よほど酷な使い方をしない限りは満足いく性能だ。

sy
OSやソフト起動で重視されるリード性能は、シーケンシャルでSATAの限界に近い534.6MB/sを達成。実用面で不満が出ることはまずないだろう。

 ちなみに、BTOでSSDの変更が可能。NVMe対応の速度重視のものに変更することもできるし、2TBのSATA SSDを選ぶこともできる。好みに合わせて自由に選べる柔軟性の高さが、BTOパソコンの魅力のひとつといえるだろう。

 グラフィック性能は先にFFベンチを出してしまったが、もうひとつ、「3DMark」の結果も掲載しておこう。主にDirectX 11の性能となる「Fire Strike」と、DirectX 12の性能となる「Time Spy」だ。

sy
Fire StrikeではCPU性能の高さからか、Physics scoreが多少高め。Combined scoreが少し低めだが、トータルのスコアーでは、Core i7-7700Kを搭載した場合とほぼ同じとなる。
sy
DX12のテストとなるTime SpyでもCPU scoreが高めとなる傾向は同じだ。このぶんスコアーがアップするため、Core i7-7700Kよりもわずかながらスコアーがよくなっていた。

 同じGeForce GTX 1070を搭載したCore i7-7700K機と比べ大きくスコアーが変わるということはなかったが、詳細を見ていくと、CPU性能が重要となるテスト項目では高めのスコアーを叩き出していた。とはいえ、3D性能のほとんどがグラボで決まるということもあって、CPUの差は小さくなっている。

 最後に、PCの総合性能として「PCMark 10」のスコアーも見ておこう。ウェブ閲覧など一般用途となるEssentials、ビジネス用途のProductivityのスコアーは普通だが、コンテンツ作成用途のDigital Content Creationがかなり高くなっている。このテストは多コアのCPUが有利となる部分だけに、さすがといったところだろう。

sy
用途別のスコアーをチェックすると、CPUの性能の高さがどういった用途に強いのか、というのがよくわかる。

高性能CPUだと気になるCPU温度
高負荷時は何度まで上昇する?

 「G-Master Spear X370A-DTN-STR」の性能の高さはRyzen 7 1700に支えられているといっても過言ではないが、それだけ性能の高いCPUだけに、発熱が気になるところ。いくら性能が高くても、常時100℃近くまで上昇しているようでは安心して使えないからだ。

 そこで、「CPU-Z」のストレステスト機能を使い、CPUが何度まで上昇するのかを調べてみた。このストレステスト機能は、通常の利用ではまずありえないほど高い負荷がかけられるため、これに耐えられればまず問題ないと判断できる。CPUの温度は「HWiNFO」を使い、センサー値を読み取ることで計測した。

sy
「CPU-Z」はCPUの情報を調べるソフトだが、耐久性を調べるのに便利なストレステスト機能を装備している。このテストを約15分ほど続けたあとの温度がどのくらいまで上昇しているのかをチェックした。
sy
CPU温度はストレステストを実行する前が35℃、約15分負荷をかけた状態でも57℃と、非常に低い値だった。

 気になるCPU温度は高負荷時でもたったの57℃で、心配するような高温にはなっていなかった。これなら安心して使い続けられる。なおCPUクーラーは、大型のヒートシンクとサイドフローのファンを使ったMSIの「CORE FROZR L」が搭載されている。背面の排気ファンと直線上に並ぶレイアウトとなっているため、ケース内に熱が拡散せず、素早く排熱できるというのも、この冷却性能に一役かっていそうだ。

sy
CPUクーラーから出た熱が、そのまま背面から排出できるレイアウトを採用。CPUクーラーそのものも大型で、冷却性能が高い。

威圧感の少ないホワイトケースを採用
メッシュ多用で通気性抜群

 特にBTOパソコンに限った話ではないのだが、PCを選ぶときに最も重視するのがスペックだろう。どんなパーツで構成されて、どのくらいの性能が出るのかというのが最大の関心ごとといってもいいくらいだ。しかし、最も目にすることが多いのはPCの性能よりもその外見。そのため、高性能なPCを買うのであれば外見にもこだわりたい。

 「G-Master Spear X370A-DTN-STR」の魅力のひとつは、ホワイトの筐体にブラックのフロントパネルという、引き締まった色使いのケースが採用されているところ。しかもフロントは全面メッシュで通気性に優れ、奥のライトアップパーツも透けて見えるというのがカッコイイ。

sy
フロントは全面メッシュとなっているため通気性が◎。マザーボードの赤いLEDやライトアップされたケース内の様子まで見える。

 このフロントパネルだが、大きな六角格子、細かな金属メッシュ、そしてさらに細かい網目といった3層構造になっている。これにより、デザイン性と強度、そしてホコリをしっかりとキャッチするフィルターの役割まで兼ねているわけだ。手で引っ張るだけで簡単に外れるため掃除もしやすく、いつも清潔に保っていられるという実用性まであるのがうれしい。

sy
よく見ると3層構造になっているフロントパネル部分。ホコリをしっかりキャッチするフィルターとして活躍してくれる。

 また、フィルターは本体底面にも装備されており、こちらも着脱が簡単にできる構造になっている。もちろんケースを持ち上げなくてもサッと取り外せるので、掃除もしやすい。電源の吸気部分にあたるだけに、ホコリの侵入は可能な限り避けたいもの。マメに掃除して、電源内へほこりが入らないよう気を付けたい。

sy
底面の吸気口にもフィルターを装備。背面から簡単に引き出せるので、掃除をするためにケースを動かす必要はない。

 ケース内部も使いやすいよう工夫されている。例えば電源部にはカバーがあり、ケーブルが可能な限り見えないようになっていたり、マザーボードの裏にケーブルを回しやすい、3.5インチベイが横向きで、HDDの増設がやりやすいといった特徴がある。なお、写真では少しわかりにくいが、ケースの内側もホワイトを採用。ケース内が明るくなるほか、ライトアップパーツの光が映えやすく、よりキレイに見えるというメリットがある。

sy
ケース内部の白に対し、マザーやグラボなどがブラックで統一されている。ケースの外見だけでなく、内部までホワイトとブラックを基調とした配色で統一されているのがニクイ。

8コアRyzen 7の性能の高さはもちろんのこと
その性能を支えるしっかりとした作りが魅力

 いくら高性能なPCが欲しくてもメーカー製PCでは4コアを超える製品はほとんどなく、欲しくても買えないような状況だ。BTOパソコンは、そういったユーザーにとって非常にありがたい存在となる。

 特にサイコムの「G-Master Spear X370A-DTN-STR」は、単純にパーツを選んで組み立てたというだけでなく、しっかりとした動作確認や組み立ての丁寧さなど、価格やスペック表だけではわからない部分にまでこだわりがある。このあたりの信頼は、長年BTOパソコンを販売してきた経験と実績によるものだろう。

 実況配信に興味があり、高画質でもゲームへの影響がほとんどないようなハイスペックゲーミングPCが欲しいというのであれば、Ryzen 7を採用した「G-Master Spear X370A-DTN-STR」は強い味方になってくれるだろう。

sy

(提供:サイコム

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)19時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。