腕時計好きが選んだ「スカーゲン」ハイブリッドスマートウォッチ

アスキー 2017年11月14日(火)10時30分配信
SKAGEN
スカーゲンのシグネチャー T-Bar、ローズゴールド。価格は3万240円。iPhoneならびにAndroidスマートフォンに対応

 「時間を知る」というだけなら、腕時計をしなくてもスマートフォンを見るだけで事足りますが、腕時計はファッションのひとつとして考えており、その日の服装やTPOに合わせてアクセサリー感覚でつけています。腕時計には目がなく、今でも毎年ひとつは限定品を中心に買っています。とはいえ、子育てにお金がかかる時期でもあるので高いものはムリ。今は5万円前後まで、と決めています。

 そんな調子で昔からずっと腕時計好きなのですが、仕事で外を飛び回るようになり、家にはいることがほとんどないような状況になってきてからというもの、巷で話題の「スマートウォッチ」に興味が湧いてきました。

 スマートウォッチは、スマートフォンと連携して利用します。スマートウォッチによってできることは変わりますが、主に着信やアプリの通知、歩数計測、消費カロリー計算、睡眠時間のトラッキングなどができます。

 個人的に注目しているのは、着信やアプリなどの通知です。会議中、取材中に緊急の連絡があっても、気がつかないで放置し、時間が経ってしまうことが多いからです。

 音を出したくない場所で便利なスマホのバイブレーションモードも、ちょっと困っています。ブー! ブー! と振動して机に響くので、話をしていても振動音が気になって集中できなかったり、会話がなんとなく遮られたような雰囲気になったりするから苦手なのです……。

 必要な電話やメール、LINE<3938>などの通知だけを素早く、しかもさりげなくスマートに確認したいと思うようになり、気になり始めたのがスマートウォッチです。ただ、機能はもちろんですが、魅力的なデザインの腕時計があるのかという点が、腕時計好きとしては気になっていました。

SKAGEN
一見、アナログ腕時計に見えるスマートウォッチがずらり

スマートウォッチといっても、欲しいのは「腕時計としてのデザインのよさ」

 つけてみたいなと思ったのは、スカーゲン。デンマークの腕時計ブランドで、北欧らしいミニマルでシンプルなスタイルが特徴です。腕時計のメーカーだけあって、カラーもデザインも豊富。なんと言っても気に入ったのは、どれも「スマートウォッチに見えない」ということ。日常でもさりげなく使えそうだったので、この中から選ぶことにしました。

 スカーゲンのスマートウォッチは、「ハイブリッドスマートウォッチ」と名付けられています。文字盤が液晶になっているものではなく、針があり、パッと見るとふつうの腕時計に見えます。アナログのクォーツ腕時計なのでこまめな充電は不要、コイン型CR2025電池を使用しています。電池が切れたら自分で交換できます。使い方にもよりますが、3ヵ月〜6ヵ月はもつとのこと。毎日のように充電しなくてもいいところも気に入りました。

SKAGEN
秒針はありません

 中でも「かわいい!」と思ったのは、スカーゲンのシグネチャー T-Bar。価格は3万240円とお手頃だったので「ひょっとして安っぽいんじゃ……」と不安だったのですが、実物を見て、腕時計としての完成度の高さに驚かされました。

SKAGEN
重さは59g。スマートウォッチの中ではこぶりで軽めです

 ケースのカラーバリエーションはローズゴールドとシルバーの2色で、選んだのはローズゴールド。肌なじみのよい、ピンクゴールドに近い色ですが、ピンクの色味は薄めで自然です。シンプルできちんとしたスーツにはもちろん、カジュアルなシャツなどにも合いそうなデザインです。ケースの直径は36mmしかなく、スマートウォッチとしては小ぶりなのもふだん使いの腕時計としてもぴったりです。

SKAGEN
素材はステンレス。メッシュベルトで手にフィットする
SKAGEN
三ツ折れタイプ中留

 メッシュベルトは、腕の曲線に合わせてなめらかにフィットし、つけ心地がよく、腕に違和感はありません。これなら長時間つけられそうだと感じました。

SKAGEN
ケースの裏側。自分で電池を交換できる

 一点だけ不満点を挙げるとすれば、風防です。個人的には価格はもう少し高くてもかまわないので、風防をミネラルガラスではなくサファイアガラスなどの傷付きにくいものにしてほしいところ。特にこちらのタイプはケースからガラスが、盛り上がり少し出ているデザインです。スマートウォッチは一日中つけるので、傷が心配です。

Messenger、Skype、LINE<3938>、メールなどの通知が便利!

 スマートフォンとは、Bluetoothで接続します。対応スマートフォンはAndroid Devices 4.4以降、iOS 8.2以降/iPhone 5以降。専用アプリ「SKAGEN Conected」は無料でダウンロードできます。

 スマートウォッチの操作はこれが初めてでしたが、ガイダンスに沿って設定していくと、いつの間にか接続が終わっていました。

SKAGEN
SKAGEN
スマートフォンとのペアリングはすぐに終わりました

 最初に行ったのは、アプリの通知。「マイアプリ」ではアプリを6つ、また「マイ フレンド」で6人まで「人」を登録することができます。わたしが登録したのは電話、Facebook、Gmail、LINE<3938>、Messenger、Skype。それぞれ文字盤のバーインデックス(時刻部分)に登録できます。アプリと数字を選ぶだけなのですぐに終わりました。

SKAGEN
アプリの登録は6つまで。よく使うものを選びました

 その直後、メールが届きました。メールは「2」に登録していたのですが、腕時計がブルッと振動しながら、長針と短針が動いて「2」を示し、すぐに腕時計に戻りました。ちょうど腕を上げて確認するくらいの時間。チラッと腕時計を見るだけで「今、メールがきた」といった内容がすぐにわかります。これならスマートフォンの音とバイブレーションを切っておいても大丈夫です。

 出かけているときはもちろんですが、家で揚げ物などをして手が離せないときも、腕時計をしていれば通知をしてくれるので助かっています。日常生活用防水(3気圧)なので、腕時計をつけたままちょっとした水仕事をしても大丈夫。家の中でも手放せなくなりました。

SKAGEN
歩数計測。カロリーも表示される。運動不足を改めて認識……

 歩数計測も思いのほか楽しく、スマートフォンに消費カロリーなども表示されるのでチェックしています。展示会などの取材では、広い展示場をかなり歩くので、いつも「どれくらい今日は歩いたのかな」と気になるときがあります。また、運動不足の日は、一日の消費カロリーなどを見ながら、食べる量を減らしたり、エスカレーターをやめて階段を利用したり、少し体のことを意識するようにもなりました。

SKAGEN
SKAGEN
睡眠時間も知ることができます。浅いねむりと深いねむりの時間もわかりますよ

プッシュボタンに機能を割り当てられる

SKAGEN
サイドにプッシュボタンが3つ搭載されている

 プッシュボタンは右側に3つあり、そこに機能を3つまで割り当てられるのが便利です。例えば、スマートフォンが行方不明になったとき、ボタンを押せばスマートフォンの音楽が流れるようにすれば、すぐに場所が特定できます。

SKAGEN
ボタンに機能を3つまで割り当てられます

 ひとつのボタンには、ボタンには音楽(コントロール)を割り当てています。1回押すと再生、長押しすると巻き戻し、2回押すと早送りにすることが可能。イヤホンを使用していますが、腕時計で音楽の操作をするようになりました。

予想以上に便利で毎日つけっぱなし!

 一日中つけているのであれば、革ベルトよりもこうしたバンドはメタルのほうが、汚れなどは気になりにくいかもしれません。アクティビティトラッキングも活用するのであれば、寝るときもつけっぱなしになります。メタルバンドはなんとなく汚れても、サッと拭き取れるので衛生的です。

 不必要なスマホチェックが減り、腕時計を見る機会が増えました。腕時計としてのつける楽しみがなければ、いくら便利でも使う意味はないと思っていましたが、デザインも気に入っています。正直、こんなにレディースのスマートウォッチのラインナップが豊富だとは思っていなかったので予想外でした。

 「スマートウォッチを使いこなせるかどうか」と不安を感じる方は、今回ご紹介したような、ハイブリッドタイプがおすすめです。見た目はアナログ腕時計、機能はスマートウォッチで、機能もシンプル。初心者でも説明書なしですぐに使えますよ。また、充電を毎日する必要がないのも魅力です。ぜひお近くの腕時計店などで実物をチェックしてくださいね。

■関連サイト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)10時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。