和牛のカタマリ肉 なんと、食べ放題!!

アスキー 2017年12月05日(火)18時00分配信
和牛
和牛カタマリ肉の食べ放題ランチとは?

 ごきげんよう、お肉大好きの肉食記者のナベコです。お肉の中でも和牛と言ったら、私のような庶民にとって気軽には食べられないくらいの高級品。そんな和牛のカタマリ肉が、ランチタイム限定で食べ放題というお店に行ってきました!

■歌舞伎町の「焼肉 にしおか」行ってみた

和牛
新宿区役所の裏側の路地にある「焼肉 にしおか」。日曜定休。

 新宿歌舞伎町にある「焼肉 にしおか」はA5ランクの和牛にこだわったお店。ディナータイムの予算は6000円~8000円と決して安くはないですが、最高等級のお肉を提供するお店にしては、良心的な価格でおいしいと評判だそうです。

 にしおかでは、今年から一般的な焼肉の他に「肉のヒマラヤ<7514>極」を提供スタート。

 「肉のヒマラヤ<7514>」はカタマリ肉を豪快に火で炙って食べる肉好きの食欲をたぎらせる料理。そのインパクトゆえたびたびメディアにも取り上げられているので、知っている人もいるのではないでしょうか?

 肉のヒマラヤ<7514>を提供するお店は他にも、渋谷店の「焚火家」や、新富町にある「肉のヒマラヤ<7514>byポルコロ」(レビュー記事はコチラ)もありますが、にしおかでは、和牛専門店であるゆえ肉のヒマラヤ<7514>もA5ランクの和牛を使用!

和牛

 他のお店では、肉のヒマラヤ<7514>はオーストラリア産のブドウ牛を使用しており、和牛のヒマラヤ<7514>を食べられるのにしおかだけ。名称も「極」を付けた肉のヒマラヤ<7514>極なのです。

 さらに、ランチタイム限定(11時30分~14時)で食べ放題も11月からスタートしました。男性3980円、女性2980円で、和牛のカタマリ肉である肉のヒマラヤ<7514>極が食べ放題。一緒に、セセリ、トントロも食べ放題。ご飯、スープ付き。制限時間は、カットされたお肉が登場してから1時間。

和牛
肉のヒマラヤ<7514>食べ放題! ランチタイム限定

<ランチタイム限定 肉のヒマラヤ<7514>極 食べ放題>
・「肉のヒマラヤ<7514>極」食べ放題(A5和牛)
・「セセリ」「トントロ」も食べ放題
・ご飯、スープも食べ放題

料金:男性3980円/女性2980円

※4名から注文が可能
※カットされた肉の山が来てから60分制
※前日までの予約制
※日曜定休

和牛
これが「肉のヒマラヤ<7514>極」。

■こりゃスゴイ! 和牛のカタマリ「肉のヒマラヤ<7514>極」

和牛
圧巻のカタマリ肉!

 和牛のカタマリ肉はどんなにステキなのでしょうか? ふだん食べる機会が本当にないため、想像がつきません。そんな記者が、肉のヒマラヤ<7514>極を食べてみました!

 こちらが肉のヒマラヤ<7514>極です。写真は800g。食べ放題ではなく通常メニューだと1万2800円します。どっひゃー、やはり高級なので、価格もそれなりにするのですね。

 カタマリ肉を卓上のコンロで炙るので、ものすごい迫力。巨大な肉の表面に徐々に焦げ色がついていく様子は「インスタ映え」そのもの。若い女性がキャーキャーしそうです。

和牛
キレイな色の切り身です。

 表面に色がついたらいったん厨房でカット。レアの状態の切り身を再度提供してもらい、再度各自で炙ってから食べるというスタイル。

和牛
いただきまーす!

 柔らかい、そしてうまみがたっぷり。

 和牛はやはり和牛だとわかるものなのですね。

 文句なしにおいし~です!

 一般的な牛肉に比べて、和牛なので肉自体の味が濃いように思えました。噛めば噛むほどうっとりするようなうまみが広がりますし、赤身とはいえサシも入っているのでいるので、脂のおいしさも魅惑でした。

和牛
左から、ポン酢、塩コショウ。
和牛
ニンニクバター醤油。

 つけだれは、ポン酢、塩コショウ、ニンニクバター醤油がありました。ポン酢はあっさりして、脂っぽい感じを流してくれるし、塩コショウは添えられているワサビと合せて使うと良いアクセントになっていい感じです。

 ダークホースは、ニンニクバター醤油でした。和牛に味が濃いつけダレを合わせるなんてもったいないと思いましたが、試してみたら、予想以上の相性の良さ! 和牛のおいしさをニンニクバター醤油の香ばしさが後押ししてくれます。

和牛
セットなので、ご飯やサラダも付きます。すべておかわりし放題。

 和牛は日本のものなのでご飯に合います。食べ放題ランチはセットにご飯やサラダも付くのがうれしいです。よく「和牛は脂が多くもたれる」という話を聞きますが、赤身であるため決してもたれるほどではなく、食べても食べても食欲が落ちないのもステキでした。

和牛
ご飯に和牛を乗せて食べるのが至福! 和牛だけど脂にもたれずたくさん食べられました……って贅沢なことですね!

■女性なら 食べ放題が なおオトク

和牛
ごちそうさまでした。

 贅沢の極み。肉のヒマラヤ<7514>極をたっぷりいただきました!

 あらためて価格を見ますと、食べ放題ランチは、男性は3980円であるのに対して、女性は2980円と安いです。なので、女性であればより挑戦しやすい。私は、今回200g~300gほど食べましたが(複数人で食べたので正確には量がわからないですが)、200gの肉のヒマラヤ<7514>極は通常額だと3500円なので、食べ放題だとかなりトクできます。

 男女混成のグループでもオトク感がありますね。また、今回は頼みませんでしたが、食べ放題では肉のヒマラヤ<7514>の合間に、セセリ、トントロも頼むことができます。

 和牛を心置きなく食べてみたいという人にオススメ。4人以上から予約ができるので、肉好き仲間で検討してみてはどうでしょうか。

■和牛食べ放題&日本酒飲み放題も夜に実施

 にしおかではディナータイム(18時~24時)も食べ放題をやっていて、そちらは肉に加えて酒も好きなだけ楽しめるということで、呑兵衛とししては気になりました。「和牛と酒パラダイス」と称して、肉のヒマラヤ<7514>、極上サーロイン焼きスキ、和牛炙り寿司、ローストビーフユッケなどを含む、15種の肉料理を食べ放題。加えて、プレミアムな日本酒も飲み放題! 制限時間は90分。

和牛
和牛

 飲み放題の対象は、肉専用の日本酒「29」、パッケージがかわいい「酒を売る犬 酒を造る猫」など、ネットで話題になった貴重な日本酒ばかり。日本酒専門店「KURANDO」と提携して、KURANDOでしか扱っていない日本酒を仕入れているそうです。

 和牛と酒パラダイスの料金はひとり1万円と、高級食材を扱っているだけさすがに豪勢。ですが食べ放題なので、その気になれば一生ぶんの和牛を食べられると思えば高くありません。ちょっと特別な日になどに利用してみたいです。

和牛
珍しい日本酒も飲み放題!
和牛
カウンターとテーブル席がある、こじんまりとした落ち着いたお店でした。

「焼肉 にしおか 新宿歌舞伎町店」
・住所:東京都新宿区歌舞伎町1-8-4 1階
・営業時間:(ランチ)11時30分~14時/(ディナー)18時~24時
・定休日:日曜日

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。