ZenFone 4とZenFone 4 Proをベンチマークで比較した!

アスキー 2017年12月05日(火)12時00分配信

ZenFone 4とZenFone 4 Proを並行ベンチマーク

ZenFone

 ZenFone 4/4 Proレビューの第3回はベンチマークで性能差をチェックしていこう。SoCが異なるだけあり、明瞭な差が生じているため、外観レベルで迷っているのであれば、本稿でどちらにするか参考にしてほしい。

 まずスペックは以下表の通りだ。

 SoCはZenFone 4がSnapdargon 660、ZenFone 4 ProがSnapdragon 835を採用しており、グレードとしてはZenFone 4 Proは2017年11月時点でのハイエンドSoCとなっている。とくにメモリーはともに6GBと多く、性能怪獣路線をキープは相変わらず。メモリーの影響はSNSやウェブブラウズ程度ではあまり体感できないのだが、複数のゲームをしつつSNSもこってりといった場合は、4GBでも厳しいことが多々あるため、重要視すべき項目だ。

 ストレージは容量に差があるほか、部材にも違いがある。ZenFone 4はeMCP 64GB、ZenFone 4 ProはUFS 2.1 128GB。eMCPはeMMCをベースにLP DDR DRAMと統合されたもので、UFS 2.1はハイスペック端末の多くが採用するもので、eMMCよりも高速なストレージだ。そのため、ゲームやローカルに保存した動画などの読み込みに差があるのだが、メモリーの多さで差を感じにくくなっている。そのため、この2機種についてはストレージ容量で決めてもいいだろう。

 さて、ベンチマークは3DMarkとGeek Bench 4、AnTuTu Benchmarkを実行した。

ZenFone
3DMARK Sling Shot Extreme/ZenFone 4
ZenFone
ZenFone
Geek Bench 4/ZenFone 4
ZenFone
AnTuTu Benchmark/ZenFone 4
ZenFone
3DMARK Sling Shot Extreme/ZenFone 4 Pro
ZenFone
ZenFone
Geek Bench 4/ZenFone 4 Pro
ZenFone
AnTuTu Benchmark/ZenFone 4 Pro

 以上のように、当然ながらSnapdragon 835を搭載するZenFone 4 Proのスコアが高くなっている。とはいえ、Snapdragon 660のCPU性能は高めであり、3Dグラフィックスの重いゲームタイトルを最高設定で遊ぼうと思わなければ快適。ウェブブラウズに関しては、極端なレスポンスの違いもない。このあたりはメモリーの容量が効いているのもあるが、なんでもそこそこでいいのであれば、ZenFone 4で十分だろう。


■関連サイト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。