「おはよう」の一言で電気やエアコン、シャッターが一気に動作、家がIoTでトータルにつながる

アスキー 2017年12月06日(水)15時00分配信
li
IoT技術でトータルにつなげる住まいのリンクシステム

 LIXILは、家電やデジタル機器に加え、玄関ドアやシャッターなどの建材もIoT技術でトータルにつなげる住まいのリンクシステムを開発。12月4日に発表会を開催し、このシステムで建材とAIスピーカーがつながる商品を、2018年4月より全国で発売すると発表した。

「おはよう」の一言で電気やエアコンがつき、シャッターが上がる

li
建材や機器、センサーをリンクさせる

 今回発表したリンクシステムは、家電だけでなく建材、住宅設備機器などを操作・連携させる「ホームコントローラー」と、各種センサーやカメラ、AIスピーカーなどを操作・連携させる「リンクコートーラー」を融合させ、住まいをトータルでIoT連携させるシステム。

li
「Google Home」や「Amazon Echo」に声をかけると、電気やエアコン、シャッターなどが一気に動作する

 住宅内のさまざまな操作機器と各種センサーが連携し、AIスピーカーでエアコンや照明、玄関ドアやシャッターなどを自動で連携させられるのが特徴。発表会ではデモを実施し、AIスピーカー「Google Home」に「おはよう」と声をかけると、電気が付き、エアコンが起動し、シャッターが開いた。普段1つ1つ行なう作業が一言ですべて可能になる。また、玄関ドアとも連携が可能で、帰宅時に玄関ドアをあけると同時に照明が点灯するような設定にもできる。



li
24時間暮らしに寄り添いサポート

 スマートフォンアプリを使用すれば、外出先から消し忘れた照明やエアコンをオフにしたり、帰宅時間にあわせてお風呂を沸かしたりできる。外出したあとに戸締りしたかどうかが不安になったときも、アプリでカギの開閉履歴をチェックして、遠隔操作で戸締りが可能だ。

li
カギを閉め忘れたか不安になったときは、スマートフォンアプリで開閉履歴がチェックできる
li
li
外出先から戸締りしたり、照明やエアコンをオフにしたりできる

 さらに、住宅内に設置した各種センサーやカメラを一括管理して、外出先からスマホで自宅を見守ることもできる。玄関に設置したIPカメラと人感センサーを利用して、子供の帰宅や不審者の侵入などが動画付きメールで確認できる。

li
子供が帰ってきているかを外出先から確認できる。帰宅の時間帯を登録しておくことも可能
li
li
動画付きメールが自動で送信される

 リンクシステムは、何をきっかけ(トリガー)として、どのような動作(アクション)につなげるかというルール設定を、ユーザーが自由に設定できる。これにより、ユーザーの生活スタイルや世帯構成など、一軒一軒に合わせた設定を実現している。今後は、様々なメーカーと連携し、一般的な家電製品で使われる赤外線式リモコンなども組み合わせられるようにしたいとのことだ。

li
何をきっかけ(トリガー)として、どのような動作(アクション)につなげるかというルール設定で動作
li
ルール設定は自由にカスタマイズ可能

 リンクシステムは、暮らしや目的に応じて機能を自由にカスタマイズできるよう展開するほか、選びやすいようパッケージ製品も用意する予定だ。なお、価格は未定だが、月額利用で初期費用は10万以下くらいからのパッケージをラインアップ予定とのこと。

li
パッケージ製品も用意

■関連サイト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)15時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。