ジェダイは年金がもらえる? 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」来日記者会見が開催

アスキー 2017年12月07日(木)18時00分配信
sw
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の来日記者会見が開催

 12月15日より、「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が全国公開される。待ちに待った公開に先駆けて、12月7日に来日記者会見を開始し、ライアン・ジョンソン監督、プロデューサーのキャスリーン・ケネディ氏、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさん、カイロ・レン役のアダム・ドライバーさんが登壇した。

sw
左からプロデューサーのキャスリーン・ケネディ氏、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさん、カイロ・レン役のアダム・ドライバーさん、ライアン・ジョンソン監督

 ジョンソン監督は「昨日のイベント(12月15日に開催されたレッドカーペットイベント)で、たくさんのスター・ウォーズファンに会えて、そしてこの作品に対するワクワクをみることができて、それをみた僕たちも、非常にワクワクしました。暖かい歓迎を受けて、ステキな旅になっています」と挨拶した。

sw
日本のファンの熱気にワクワクしたというジョンソン監督
sw
「東京に来れてとても興奮しています。もう公開間近ですので、皆さんどうぞ楽しみにしていてください」と挨拶したケネディ氏
sw
ハミルさんは「2年ほど日本に住んでいたこともあって、そんな特別な場所に戻ってこられてうれしいです」と挨拶した
sw
2年振りの日本で来られてうれしいとコメントしたドライバーさん

ジェダイになると年金プランがついてくるとは!

 来日記者会見では、司会者やメディアから質疑応答があった。

sw
キャサリン氏によると、本作でのレイ<4317>の変身に衝撃のヒントが隠されていそうだ

 今作はスター・ウォーズシリーズ史上もっとも衝撃的な展開になるのではと期待が高まっている。その衝撃的なポイントとは何なのか、もしくは見どころを教えてほしいという質問に対し、キャサリン氏は「もっとも衝撃的なことを説明するのは難しいです。ただ、この映画が素晴らしいのは、光と闇の緊張感だと思っています。レイ<4317>は、衝撃的な変身を遂げていきます。彼女はルークやカイロ・レンとの関係を通して、自分とは何者なのかを探っていきます。これは衝撃になるのではと思っています」と回答した。

 また、ハミルさんは「最大の衝撃だったのは、また自分に役がまわってきたということです。ジェダイになると年金プランまでついてくるとは!」とコメントし、笑いを誘っていた。

sw
ドライバーさんに対する質問は、物語に関する質問だったので「言えません」とキッパリ。それに対しジョンソン監督に「ナイスな回答だ」とコメント。加えて、ドライバーさんは「カイロ・レンは髭を剃るのか? という質問に対してだけど、宇宙ではどうやってカミソリを手に入れるんだろうね……」とユーモアな返しで笑いを誘っていた

 続いて、予告編でカイロ・レンがマスクを取っている場面が多く観られ、彼の中で前作と比べて変化があったのかという質問に対し、ドライバーさんは「言えません」と一言。続けて「スター・ウォーズの象徴の1つというだけでなく、なぜマスクがあるのかを考える必要があります。何から隠れるためにマスクをしているのか。素晴らしい方々がたくさん集まって色々な箇所にアイディアが反映されています。マスクや衣装もそうです」とコメントした。

 旧3部作と本作どちらにも出演しているハミルさんには、本作の撮影時に驚いた最新技術について質問があった。ハミルさんは「おっしゃるとおり、ジョージ・ルーカス監督と撮影していた時代と比べると格段に進化しています。ルーカス監督は、スター・ウォーズについて『最も高額な価格がついたインディーズ映画』と呼んでいたとおり、当時はお金もなかったですし、技術もなく、制作には工夫が必要でした。本作では、技術はかなり進んでいますが、昔に戻ろうという風潮もあり、なるべくセットを建てて、その中で撮影しました」と回答。

 続けて「フィルムメイキングの過程がこれほど大掛かりというのには驚きました。ものすごく多くのスタッフの方が動いていて、私はその中のピースの1つに過ぎないのだなと感じました」と述べた。

愛してやまない存在

 また、2016年12月に急逝し、本作が遺作となってしまったレイア姫役の故キャリー・フィッシャーさんについて、ジョンソン監督は「彼女の演技は大変すばらしいです。本作が最後のパフォーマンスになるとは思いませんでした。今回、彼女のすばらしい演技を観て、すこしでもファンの皆さんの悲しみが薄れることを願っています」とコメント。

sw
故キャリー・フィッシャーさんについてハミルさんは「兄弟さながらつきあいで、かけがえのない存在」と答えた

 ハミルさんは「出会ったのは彼女が19歳のときで、長い付き合いでした。全世界のファンにとってもかけがえのない存在で、私にとっても唯一無二で、愛してやまない存在です。自分の中ではまだ生きていると思えてなりません。本作での彼女の演技もすばらしいので、余計に今でもそこにいるのではないかと思います。映画自体がセンチメンタルなムードに覆われてしまうのは残念なので、『毎日精いっぱい楽しんで生きる』という彼女のモットーを心にとどめて映画を楽しんでもらえたらと思います」とファンへメッセージを送っていた。

 そのほか、新3部作にジョンソン監督を指名したことに対して、ケネディ氏は「最初に彼と話してから3~4年ほどたちます。彼は、素晴らしい脚本を書き、念入りに準備をしてくれました。今まで映画作りをしてきた中でも最高の経験をさせてもらいました。彼が製作する作品をフランチャイズできることですごいものが生まれると思っています。新年早々、新シリーズのアイデアを出し合っていきたいと思っています」と回答した。

 スター・ウォーズ/最後のジェダイは、12月15日(金)全国公開。フォースの覚醒の後、物語はどう進んでいくのか、ぜひ劇場に足を運んで自分のめで確かめてほしい。

sw
クリエイター瀬川 三十七さんの動く浮世絵を披露。全員「素晴らしい」と絶賛していた
sw
sw

© TM & Lucasfilm Ltd.
© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

■関連サイト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。