月1000円強でYouTube見放題 エンタメフリーが使えるBIGLOBE SIMに加入した

アスキー 2017年12月07日(木)12時00分配信
正田連載

 12月に入って料金の安い携帯電話サービスの競争が激化している。ワイモバイルやUQ mobileといった大手のセカンドブランドが大攻勢を仕掛けるなか、MVNOの格安SIM勢は12月からは支払い金額が安くなるさまざまなキャンペーンを実施。今がまさに格安SIMの入りどき、という状況だ。

 そのなかでも格安SIMでは珍しいキャッシュバックを打ち出しているBIGLOBEに加入してみた。

超老舗通信サービスの格安SIM「BIGLOBE SIM」

 BIGLOBEといえば、格安SIMでも比較的老舗のサービス。開始当初はあまり特徴的なサービスはなかったが、最近では特定の音楽や動画の配信サイトの通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」の導入など意欲的な面もある。

 KDDI<9433>の子会社となってからはauネットワークのプランの提供を開始しており、通信品質の改善といった期待もできそうだ。

 BIGLOBEはもともとNEC<6701>のサービスであったが、分社化した後NEC<6701>の資本を離れ、2017年にはKDDI<9433>の子会社となった。

 元をただせば1986年開始の「PC-VAN」というパソコン通信のサービスから形態を変えながら継続しており、日本のコンピュータのネットワークサービスとしては老舗中の老舗と言ってもいいだろう。

 格安SIMでは、最初は少し料金の高いMVNOサービスとして開始したものの、現在の基本サービス部分は主要格安SIMとほぼ横並びの容量や価格となっている。

 特徴的な付加サービスとしては、エンタメフリー・オプションを申し込みすれば、「YouTube」や「AbemaTV」といった動画配信サービスや「Spotify」「Apple Music」「Google Play Music」といった音楽配信サービスに関わる通信がカウントされない。

月間3GBのプランでも利用可能なエンタメフリー・オプション

 エンタメフリー・オプションは2016年に登場したが、当初は月間6GB以上のプランでしか申し込みができず、動画や音楽専用に利用するには最低でも2500円以上の費用がかかっていた。しかし、現在は3GBプランでも利用可能になり、身近なものになった。

 エンタメフリー・オプションの利用料金は音声通話付き回線で480円、データ専用回線で980円。エンタメフリーを目当てにするならば、音声通話付きにしてもトータルの利用料金はほとんど変わらない。

 また、2018年2月4日までの新規加入時にエンタメフリー・オプションを同時申し込みすると、初月無料で翌月から24ヵ月間380円(100円引き)で利用できる。

 後述するがキャッシュバックもあり、エンタメフリー・オプション付きの音声通話回線なら、キャッシュバックを相殺して月あたり1000円程度で非常に安く利用できるようになっている。

正田連載
安売りされる加入パックを購入すれば初期費用を抑えられる。音声通話付きの場合はシリアルコードが入っているだけ
正田連載
夜の申し込みで翌日発送、翌々日にはSIM一式が届いた

 なお、初期費用だが、加入時は申込手数料3240円とSIMカード準備料426円がかかるが、申込手数料は加入パックを安売りしている店で買うことで節約できる。今回はアマゾンにて500円で購入できた。

 また、非常に細かいことだが、以前は加入パックから加入した場合は新規IDでしか開通できなかったが、現在は加入パックでも既存IDを使って格安SIMの開通ができる。

 古くからのBIGLOBEユーザーでメールアドレスを残すために月額216円のベーシックコースを維持している場合は、月額216円分を重複させずに利用できる。

さらにキャッシュバック実施で
月額あたり1000円を少し超える程度

 広告などで見かけるように、今、BIGLOBEでは音声通話付き回線では加入から約1年後に1万2000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行なっている。

 当初は12月3日までだったがキャンペーン機関が延長され2018年2月4日まで利用可能。3GBのプランに加入し、キャッシュバックを相殺するように計算すると、初月無料を除いた最初の1年間は、1ヵ月あたり1142円となる。

 具体的には3GBの音声通話付きプランが1600円、ユニバーサルサービス料が3円、エンタメフリー・オプションが380円、これに消費税を付けて12ヵ月分で2万5704円。

 ここからキャッシュバックが1万2000円あるので1年目にかかる費用は1万3704円。それを12で割って月額1142円となる。

 キャッシュバックは13ヵ月経過後なので、月額2000円以上払っておかなければならないがこの金額は魅力。

 BIGLOBEは広告などでキャッシュバックを含んで音声通話が月あたり600円と打ち出されているが、エンタメフリー・オプションもぜひ入っておきたいオプションである。

速度を実測! IIJmioより混んでいる時間はやや速め

 キャッシュバックやエンタメフリー・オプションの便利さはBIGLOBEのメリットだが、実際に快適に利用できなければ意味がない。

 そこで速度の実測してみた。各時間帯とも「HUAWEI P10 lite」にBIGLOBEとIIJmioのSIMを挿入し、切り替えてその差を比べてみた。

正田連載
朝8時前後の測定結果(単位はMbps)

 朝の通勤時間帯以外ではIIJmioとあまり変わらない傾向を示している。朝の通勤時間帯は帯域確保のため絞っているかのようにも見える。全体的にはBIGLOBEは混雑時はわずかにIIJmioよりも速く、すいていて速度が出る時間帯のトップスピードは劣るということだろうか。

正田連載
昼12時40分前後の測定結果(単位はMbps)
正田連載
夕方3時前後の測定結果(単位はMbps)
正田連載
夜8時前後の測定結果(単位はMbps)

 速度測定では朝以外はIIJmioと誤差程度しか差がないが、実際にYouTubeやAbemaTV、エンタメフリーの対象ではないが「TVer」といった動画配信サイトを利用した場合、昼休みの12時30分~12時50分で大きな違いが出た。

 IIJmioでYouTubeの動画再生をしてみると途中で画質が荒くなり、AbemaTVでは低画質を選んでも時々止まる状態だ。しかし、BIGLOBEではほとんど止まらずに再生を維持していた。

 TVerについては大容量の転送を要するため、IIJmioではほとんど止まってしまい視聴に耐えられないが、BIGLOBEではたまに止まる程度でなんとか視聴に耐えられるという印象。これなら昼休みの楽しみとしても利用できそうだ。

低速切替不可や定額通話が短いなどBIGLOBEが不利な点もある

 YouTubeやAbemaTVならエンタメフリー・オプションの対象でいくら視聴しても“ギガが減る”ことがなく、しかも格安SIMとしては混雑時でも快適に利用できそうなBIGLOBE。かなり良さそうだが、気になる点もある。

正田連載
「BIGLOBEモバイル アプリ」。残容量を確認することがメイン
正田連載
メニューに機能があるが、ほとんどがウェブサイトへのリンク

 高速通信容量を温存するために速度を低速に切り替えておき、必要なときだけ高速通信できる格安SIMは多いが、BIGLOBEには現在その機能がない。

 容量を主要な格安SIMのなかでは、速度切り替えアプリがないのがBIGLOBE。「BIGLOBEモバイル アプリ」で残容量を確認することはできるものの、アプリに速度切替機能はない。

 そして、アプリはユーザーIDとパスワードの入力でユーザーを特定するのではなく、挿入しているSIMの電話番号からユーザー情報を引き出すタイプ。そのため、モバイルルーターでBIGLOBEのSIMを使っていて別のスマートフォンやタブレットのアプリから使用容量を確認するということができない。

 また、通話も重視する場合、無料になる定額通話は3分間までと短い。その分月額使用料はほかの格安SIMよりも安い650円(税別)だが、10分まで無料通話の範囲内という格安SIMが多いなかでは劣る。

エンタメフリーは唯一無二、これだけでも選ぶ価値あり

 低速利用でデータ量温存派や、長めの定額通話が必要な人には向かないが、なんといってもエンタメフリー・オプションはBIGLOBEだけの特徴。

 これなら、1日中YouTubeやAbemaTVを見ていたい人も容量を気にせずに視聴し続けられる。

 現在のところ全体的には格安SIMの標準的な品質は維持しており、前述した2点以外には問題もないため、その点だけ踏まえておけば加入して困ることはないだろう。また、KDDI<9433>が親会社ということもあり、今後、ユーザーが増加した場合でも回線増設にも期待ができる。

 結論としては、エンタメフリー・オプションで楽しみが増えるならば、それ目当てで加入をしてもいい格安SIMがBIGLOBEということになる。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。