「8K」はプロトタイプも多数 CESで見た次世代薄型テレビ

アスキー 2018年01月12日(金)09時00分配信
CES
ソニー<6758>のテレビの今年の目玉は、高画質エンジン「X1 Ultimate」のプロトタイプ

 今年も1月9日(現地時間)から米国・ラスベガスで開催されている「CES 2018」。家電ショーだった頃から常に最新プロダクトの代表格として語られるのが薄型テレビだ。今年も国内外のメーカーから最新モデルが発表された。

 そこで、CES 2018で発表された薄型テレビをまとめてみた。

次世代高画質エンジンが秀逸のソニー<6758>

CES
8K・10000nitのデモ機と奥の「Z9D」(現行の最高輝度の液晶ハイエンド機)でも違いは一目瞭然

 CES 2018で高画質だったテレビと言えば、ソニー<6758>が高画質エンジン「X1 Ultimate」のプロトタイプとしてデモをしていた85型の8Kディスプレーだ。

 バックライトも凄まじく、なんとHDRの規格上限である10000nitにまで対応するバケモノだ(一般的な液晶TVやOLEDは1000nit程度)。

 実際の超高解像度・高輝度のデモ映像は、決め細かさと質感、臨場感、吸い込まれるような臨場感まで別次元。ただし、8Kとなると通用するのは実写のみで、グランツーリスモの8K CG映像だけはガッカリレベルだった。

CES
4K画質でも大きな高画質化の効果を確認

 X1 Ultimateは4K版もまだプロトタイプで、またソニー<6758>は8Kテレビの発売については慎重なようだが、高画質のトップリーダーの座は譲れない意思の見える展示だ。

CES
有機ELテレビ「A8F」シリーズはデザイン変更とともに「ドルビービジョン」対応へ

 同時にソニー<6758>は米国向けに有機ELテレビ「A8F」シリーズを発表。米国で5月より65/55型を発売する。65V型は3500ドル(39万円)前後、55V型は2500ドル(28万円)前後を予定している。

 高画質化回路は現行版の「X1 Extreme」だ。2017年の機種からの変更はデザインで直立タイプのスタンドに変えた点と、「ドルビービジョン」形式のHDRに対応した点。

 画面から音が出る「アコースティックサーフェイス」は継承する。今年も2017年の「A1」も継続販売とのことで、デザインバリエーションという意味合いが大きいようだ。

記事掲載当初、X1 Extremeの名称に誤りがありました。お詫びして訂正します(2018年1月12日)

CES
部屋を演出する「LifeSpace UX」の超短焦点プレジェクター「LSPX-A1」

 ほかにも「LifeSpace UX」ブランドの超短焦点プロジェクターにスピーカーを内蔵した新モデル「LSPX-A1」が登場。春に米国で30000ドル(約335万円)で発売される予定だ。

4K有機ELの画質を「HDR10+」と高画質チューンで引き上げるパナソニック<6752>

CES
欧州向けの最新4K有機ELテレビ「FZ950」シリーズ

 CES 2018の展示会場ではBtoBに振り切っていたパナソニック<6752>だが、プレスカンファレンスでは「FZ950」シリーズと「FZ800」シリーズの各55/65型で欧州向けの合計4モデルを発表。ラスベガス市内のホテルにプライベートブースを設けデモを行なっていた。

CES
「3D-LUT」の使い分けで左側の新モデルが中間部の鮮明さを向上

 最大の特徴は「HDR10+」のHDRフォーマットにも対応すること。高画質回路「HCX」の活用により、暗いシーンと明るいシーンにそれぞれ最適化した「3D-LUT」(ルックアップテーブル)を適用し、特に中輝度域の画質を向上された。

 有機ELパネルは2018年版となるがスペックに繋がる変更はないようだ。なお、画面コーティングやエンジンもFZ950シリーズとFZ800シリーズの画質関連はまったく同じ。FZ950は日本での「EZ1000」にあたる機種として「Tuned by Technics」のサウンドバーが付属する。

CES
欧州向けのUltraHD Blu-rayプレーヤーは全4機種が登場
CES
特に注目の「UB820」はHDR10+とドルビービジョンのHDR規格に対応

 なお、欧州向けのUltraHD Blu-rayプレーヤーのラインナップも刷新。最上位モデルの「UB820」は、HDR10+とドルビービジョンのHDR規格に対応した。下位モデルの「DP-UB420」のHDR10+対応は新チップ搭載の最新世代モデルとして注目だ。

AI対応有機ELテレビ、その名も「LG AI OLED TV ThinQ」が登場

CES
テレビに対してボイスアシスタントによる操作が可能
CES
LGは「LG ThinQ」の枠組みを通して白物家電との連携までも構想

 CES 2018で高画質とは別の次元で意欲的な有機ELテレビがLGの「LG AI OLED TV ThinQ」だ。

 名前の通り、なんと全面的にAIテクノロジーを取り込んでいる。LG独自の「LG ThinQ」と「Googleアシスタント」に両対応し、薄型テレビをボイスで操作するという体験を身近にしてくれる。

 音声アシスタントとなるとニュースや天気予報、マップといった使い方が一般的になるが、LGのデモのポイントとなるのが、テレビ番組に出演している俳優に対して「この人は誰?」と呼びかけると結果がリストアップされたり、「この番組が終わったら電源を落として」とテレビに即した機能があること。

 なお、通常のボイスアシスタントとして機器連携も可能なので、LG ThinQの用語で白物家電連携、そしてGoogleアシスタントまで取り込む姿勢と合致しているとも言える。

 LGの4K 有機ELテレビのラインナップは2017年と変わらず、最上位の「W8」は超薄型で壁掛けに対応し、サウンドバー型チューナーユニットを備える。

 「G8」も別筐体のチューナーユニットを採用。「E8」「C8」「B8」はデザインの異なるスタンドを採用する。

CES
LGが新開発した高画質回路「α9」
CES
オブジェクト検出による超解像に対応

 今年のLGの有機EL発表のもうひとつの目玉が高画質回路「α9」で、CPU性能が35%、GPU性能が35%、メモリー性能は50%向上し、4段階でかかるノイズリダクションやHFR(ハイフレームレート)、色表現の正確さを決める3Dルックアップテーブルというように高画質回路を大幅に強化してきた。なおα9はW8/G8/E8に搭載される。

 スピーカーはいずれも形状が異なるが、引き続き「ドルビーアトモス」に対応している。

噂の「The Wall」はサイネージ用途向け? 8K研究も進行中

CES
150インチで文字通り壁のように公開していた「The Wall」
CES
マイクロLEDの構造も出展

 日本では製品発売のないブランドだが、サムスンによる世界初のマイクロLEDテレビ「The Wall」も注目を集めた。

 RGBの小型LEDを直接発光させるタイプのディスプレーで最大2000nitsの輝度とコントラスト表現を可能とする。

 実機をサムスンブースで視聴したが、まず大前提として画面サイズが146インチと巨大で、一般的にテレビと呼ぶサイズではなく“壁”。用途としてはデジタルサイネージの領域だ。

 高コントラストと2000nitsというHDRライク<2462>なスペックではあるが、ブースデモの映像の精細感は今ひとつ。非公表の解像度も気になるが、いずれによホームのAV用途とはまだ遠い存在のようだ。

 サムスンは8K画質に対応した高画質回路の「AI Technology」も出展。高画質回路の分野ではデータベース解析の段階で、ソニー<6758>などは古くからAIの機械学習が用いられているが、サムスンも8K対応のタイミングで改めて注目の「AI」というキーワードに注目した形だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。