ウェブ直販でお得に買える高性能15.6型ノートPCは性能も十分

アスキー 2018年01月12日(金)09時00分配信
dynabook
「dynabook AZ65/EG」

 ビジネスシーンでもプライベートでも活躍する十分な性能を備えた15.6型ノートパソコン「dynabook AZ65/EG」(関連記事)。今回は、各種ベンチマークテストを実施し、そのパフォーマンスをチェックしてみた。

ビジネスユースには十分すぎる性能

 今回試用したdynabook AZ65/EGは、Core i7-7500U(2.7GHz)、16GBメモリー、2TB ハイブリッドHDDという構成だ。

 まずは総合的な性能を測るベンチマーク「PCMark 8」と「PCMark 10」を実施し、全体のパフォーマンスを見てみたところ、結果は以下のようになった。

dynabook
「PCMark 8 Home Accelerated」の結果
dynabook
PCMark 10

 ハイエンドモデルやゲーミングパソコンほどではないが、ウェブブラウジングや動画閲覧、Officeソフトなどはストレスなく使用できるスコアだ。画像の編集なども軽くであればこなせる性能だろう。

 続いて3D性能を測る「3DMark」の「Time Spy」と「Sky Diver」を実行した。GPUがCPU内蔵のインテル HD グラフィックス 620なので、スコアはやや低め。重めの3D描画は厳しいという結果になったが、それでも普段の作業では満足できる数値となっている。

dynabook
3DMark「Time Spy」の結果
dynabook
3DMark「Sky Diver」の結果

タイトルや設定次第でフルHDゲームも遊べる!

 それでは、実際に3Dゲームを遊んでみた場合はどうなるだろうか。まずは比較的負荷の軽い「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51」を1920×1080ドット/フルスクリーンモードで実行してみた。結果は「グラフィック設定」が「低品質」と「標準品質」で「快適」、「最高品質」で「普通」という評価が出た。

dynabook
「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver. 1.51」を「低品質」で実行
dynabook
「標準品質」で実行
dynabook
「最高品質」で実行

 次に、高めのグラフィックス性能を要求される「ドラゴンズドグマオンライン」のベンチマークを実行。1920×1080ドットで計測してみたところ、「標準品質」も「低品質」も「普通」という結果となった。

dynabook
「標準品質」で実行
dynabook
「低品質」で実行

 最後に「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を、1920×1080ドット/フルスクリーンモードで計測。「標準品質(ノートPC)」では「普通」という評価だったが、やはり「高品質(ノートPC)」では「設定変更が必要」となった。

dynabook
「標準品質(ノートPC)」で実行
dynabook
「高品質(ノートPC)」で実行

 プレーヤーが密集するような場所などではカクつきが起こるかもしれないが、タイトルと設定次第では、フルHDでも遊べるというのはうれしいポイント。当然、より負荷の少ないブラウザゲームであればサクサクと快適に遊べる。

 通常の利用であれば、メインマシンとしても遜色ない性能を備えたdynabook AZ65/EG。屋内で持ち運んで使える重量で、大容量を両立したSSHDか、よりスピーディーなアクセス可能とするSSDかは、用途に合わせて選択できる。自宅や会社でバリバリ使うノートパソコンを探している人は、dynabook AZ65/EGを検討してほしい。

Room1048/東芝<6502>ID会員(無料)なら、直販価格11万6424円から!

 東芝製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。「dynabook AZ65/EG」の場合、東芝ダイレクトの直販価格は18万6840円からなのだが、Room1048会員(東芝<6502>ID)価格は11万6424円(1月10日現在)からとなっている。512GB SSD搭載モデルも14万5584円(1月10日現在)からだ。

 このほかの東芝製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートPCの購入を考えている方は、とりあえずRoom1048/東芝<6502>ID会員(無料)になることを強くオススメしたい!

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。