メルカリで売るためのコツ7つ

アスキー 2018年01月13日(土)10時00分配信
mercaritips003_ph01_Resize
大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:もっと商品を売りたい!
A:人気カテゴリ、写真、説明文、対応がポイント

 メルカリでもっと商品を売りたいと思っている人は多いだろう。売るためのコツについてご紹介したい。

(1)売れ行きの良いカテゴリを狙う
 メルカリでは、販売点数が多いカテゴリを公開している。1位は「レディース」(26%)、2位は「エンタメ・ホビー」(22%)、3位は「キッズ」(13%)。続いて「コスメ・香水・美容」(9%)、「メンズ」(8%)などとなっている。メルカリユーザーは女性のほうが多いので、レディースもの、すぐに大きくなってサイズアウトしてしまうキッズものなどが人気というわけだ。男性ならエンタメ・ホビー系、メンズものなどが狙い目だろう。

mercaritips010_ph01_Resize
販売点数が多いカテゴリを意識して出品すると良さそう

(2)きれいな写真
 明るいところや白い背景の前などで、できるだけきれいな写真を撮影・掲載しよう。4枚まで掲載できるので、内部や裏側の様子などがわかる写真も載せておくと、商品の状態が伝わりやすくなる。

(3)商品の説明を丁寧に書く
 商品名の欄にはブランド名など、わかりやすく検索されやすい単語を付けよう。40文字まで入力可能だ。

 また、説明文は1000文字まで入力可能なので、購入日、使用頻度、定価、傷や汚れなどの注意点、付属品や箱などの有無、ハッシュタグなどを入力しよう。このとき、できるだけ丁寧な説明文を書いたほうが信頼されやすくなる。

 同時に、どのような場面で使えるか(「子どもの入学式に使用しました」など)、具体的なサイズや重さ(「子どもでも持ち運びできるサイズです」など)、売りや特徴(「バッテリーが長持ちするので一泊二日の旅行中使えました」など)などを明記すると売れやすくなるはずだ。

 傷や汚れ、デメリットなどは正直に書いたほうが良い。嘘をついて売れても評価に響き、その後メルカリで売りづらくなってしまうためだ。

(4)適切な価格をつける
 適切な価格は大切だ。高過ぎると売れなかったり、値下げ交渉のコメントが付く。メルカリでは出品物に「いいね」をしておくと値段が下がったときに通知がもらえる仕組みがある。「いいね」がたくさん付くようであれば値下げするといいだろう。

 国内最大級のショッピング・オークション相場検索サイト「オークファン」で売りたい商品の相場を調べてつけるのもおすすめだ。

mercaritips010_ph01_Resize
まずはオークファン<3674>で相場を確認しよう

(5)対応を丁寧に
 出品後はコメントが付くので、返信を丁寧にしよう。また、購入されたらできるだけ早く購入者に連絡を取ろう。相手の支払いを確認後、発送したらアプリから「発送通知をする」をタップして発送を知らせよう。同時に、送り状番号を知らせてあげると丁寧で好印象だ。

 メルカリでは、双方が評価をしたら売上金が反映されるようになっている。「良い」「普通」「悪い」で評価できるが、「悪い」評価が付くとその後売りづらくなるので、丁寧な対応を心がけたい。

(6)梱包も丁寧に
 商品は発送前に拭いたりしてきれいにしておこう。また、梱包が丁寧だと印象がよくなる。なお、梱包材はメルカリストアでも入手できるが送料がかかる。100円ショップなどでも売っていることが多いので、ぜひ探して入手してほしい。

mercaritips010_ph01_Resize
梱包材は必ず使おう

(7)売れなかったら再出品
 メルカリでは売れた商品の半数が24時間以内に売れている。メルカリで商品を検索した場合、基本的にはまず「新しい順」に表示されるので、新しければ新しいほど他のユーザーの目につきやすくなる。なかなか売れない場合は再出品するといいだろう。説明文などはコピーしてメモ帳アプリなどに貼り付けておき、再出品する際に利用しよう。

mercaritips010_ph01_Resize
出品物は「新しい順」に並ぶ。売れなかったら再出品も考えて

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

wbm_takahashi01_ph01_Resize

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE<3938>超入門』(インプレス<9479>)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。