2018年のヘッドフォントレンドをCESから探る、完全独立型や音声操作に注目

アスキー 2018年01月14日(日)12時00分配信

 1月9日~12日まで米国のラスベガスで開催されたエレクトロニクス関連ショー「CES 2018」には、2018年に要注目のポータブルオーディオ製品が数多く出展された。ゼンハイザーの密閉型フラグシップ「HD 820」から、会場で見つけた完全ワイヤレスイヤフォン・コレクションまで一堂にレポートしよう。

人気ブランドの「大物」が誕生

 注目株の筆頭は、ゼンハイザーのヘッドフォン「HD 820」だ。型番から分かるとおり、プレミアムヘッドフォンの“レジェンド”であるゼンハイザー「HD 800」と双璧をなす密閉型のフラグシップモデルである。米国での販売価格は2399ドル(約26万6000円)。発売時期は6月頃になりそうだ。

CES_Audio
ゼンハイザーの密閉型フラグシップヘッドフォン「HD 820」

 開放型の最上位「HD 800 S」と同じ、高音の歪みを解消するための吸音素材を追加した56mm口径のトランスデューサーを搭載する。

 密閉構造のイヤーカップはドライバーの背中の位置に強化ガラスのカバーを装着。内側に向かって緩やかなカーブを設けて、ドライバーの背面から放出される音を効果的に拡散。「開放型のHD 800 Sと同じサウンドを密閉型でも追求した」という、開発者が理想に描いたサウンドを現実のものにしている。透明なガラスカバーが漆黒のボディとあいまってルックスの美しさを十分に引き立てていた。

CES_Audio
開放型フラグシップの「HD 800 S」と聴き比べてみた。

 ブースに用意されたゼンハイザーのヘッドフォンアンプ「HDV 820」との組み合わせで、HD 800 Sと比べながら音をじっくりと聴く機会を得たが、密閉型ヘッドフォンであることが信じられないほど明瞭で立体感にあふれている。奥行きの深さには思わず息を呑んだ。密閉型らしい中低域の深みも味わえる。これで音の仕上がりは100%ではないというのだから、チューニングが完了したときの仕上がりが楽しみでならない。6.3mm標準ケーブルと、4.4mm/5極のバランス駆動用ケーブルが付属する。1台ごとにシリアルナンバーが刻印されるプレミアムを極めたヘッドフォンだ。

ベイヤー、AKG、シュアなども新製品を投入

 ベイヤーダイナミック(beyer dynamic)からは参考出展のモデルとして、テスラドライバーを搭載するワイヤレスヘッドフォン「AMIRON Wireless」が展示されていた。発売時期や価格は未定とされていたが、商品版に近い完成度に仕上がっていて、音を聴くこともできた。

CES_Audio
ベイヤーダイナミックの「AMIRON Wireless」

 本機はテスラドライバーを搭載する「AMIRON HOME」のワイヤレス版。音声コーデックはaptX HD/aptX LL/AAC/SBCをサポートして、ソース機のパフォーマンスを最大限に引き出す。有線接続時にはハイレゾヘッドフォンとして楽しむことも可能。ワイヤレス再生時は右側のイヤーカップに内蔵されているタッチセンサーリモコンが真価を発揮する。

 サウンドは中高域の透明感と力強さを特徴としている。スマホアプリ「MIY」を使い、ユーザーの聴覚に合わせた補正値を診断プログラムから作り、ヘッドフォンに保存すれば、いっそう鮮やかなワイヤレスサウンドが楽しめる。

CES_Audio
AKGのフラグシップイヤフォン「N5005」

 AKGからは最新世代のフラグシップイヤフォン「N5005」が登場する。米国価格は999.95ドルだが、日本では10万円前後の販売価格になりそうだ。そして3月ごろには日本で発売されることになるかもしれない。

 ブラックのクローム仕上げのハウジングに4基のバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバーと1基の直径9.2mmダイナミック型ドライバーを搭載する4ウェイ・5ドライバー構成のハイブリッド・イヤフォンだ。きめ細かく艶やかな中高域は「N40」の雰囲気に近く、中域から低域にかけて厚みがあってヌケ感も良いサウンドはこれまでのNシリーズのどのモデルにもない本機の魅力。音場の立体的な表現力にも優れている。

 着脱交換が可能なケーブルはリモコンの有無、2.5mmバランス駆動用ケーブル、Bluetoothイヤフォンにするためのドングルを同梱。ノズルの先端に取り付けて音の変化が楽しめる4種類のアコースティックフィルターも付属する。現行フラグシップの「K3003」も併売することになるが、こちらとは全くキャラクターや使い勝手の異なった魅力的なイヤフォンが老舗AKGから登場する。これは期待感が止まらない。

CES_Audio
シュアがデジタルイヤフォンケーブルにUSB type-Cのモデルを追加した
CES_Audio
奥が「RMCE-USB」

 シュア(Shre)は昨年のCES開催のタイミングで、iOSデバイス用のマイク搭載リモコンを付けた、Lightningデジタルケーブル「RMCE-LTG」を発表している。

 あれから約1年、今度はUSB Type-C端子のデジタルケーブルを今春ラインアップに追加する。米シュアのマット・エングストロム氏は以下のように語ってくれた。

CES_Audio
シュアの新製品を紹介してくれたマット・エングストロム氏(左)とシーン・サリバン氏(右)。「4月にはあと驚く新製品を発表します。ヘッドフォン祭りをお楽しみに!」とのこと。一体どんな製品が飛び出すのか期待が増すばかりだ

 「サムスンのGalaxyシリーズ、ソニー<6758>のXperiaシリーズなど最近プレミアムクラスのハイレゾ対応スマホに増えてきたUSB Type-Cのコネクターにつないで、デジタル接続による鮮明なポータブルリスニングを味わって欲しいですね。MacBook Proなど、USB Type-C端子を搭載するPCにつなげば、内蔵する96kHz/24bit対応の(ケーブル内蔵)DACによるハイレゾ再生を最も軽快に楽しめるイヤフォンになります」

 ちなみに4月には大型新製品の発表もあるらしい。「ヘッドフォン祭りに持っていく予定です」と同社のシーン・サリバン氏が予告している。

Google アシスタント連携のヘッドフォン・イヤフォンが一気に拡大

 昨年ボーズが発売した「QuietComfort 35 II」は、ペアリングしたスマホと連携しながらボタンをクリックするだけでGoogleアシスタントが一発で呼び出せる、同社初のヘッドフォンとして注目を浴びた。今年のCESでは、Google アシスタントとの連携機能を内蔵するヘッドフォン・イヤフォンが花盛りを迎えている。

CES_Audio
JBLのEVERESTシリーズにGoogleアシスタント搭載機が一挙3モデル揃う

 JBLはトップエンドの「EVEREST」シリーズ3機種がGoogle アシスタント連携機能を内蔵した。いずれもワイヤレスタイプで、アラウンドイヤーの「710GA」とオンイヤーの「310GA」、イヤフォンの「110GA」という顔ぶれ。発売時期は今春になる見込み。ヘッドフォンは右側のイヤーカップに手を添えるジェスチャーがアシスタントを起動するトリガーになっている。最上位の710GAが249.95ドル(約2.7万円)、310GAは199.95ドル(約2.2万円)と比較的手頃に楽しめそうなスマートヘッドフォンになる。

CES_Audio
LG TONE<5967>シリーズの最上位機もGoogleアシスタント対応に

 LGエレクトロニクスは、ネックバンドスタイルのワイヤレスイヤフォン「Tone Premium SE/HBS-1110」がGoogle アシスタント連携機能を持つ新製品。イヤフォン部はBA型とダイナミック型のハイブリッドドライバー方式。ブースではハイレゾ対応スマホ「V30」につないで「Google 翻訳」を使った便利なリアルタイム翻訳のサービスが体験できた。

CES_Audio
ソニー<6758>の完全ワイヤレスイヤフォン「WF-SP700N」もソフトウェア<3733>のアップデートでGoogleアシスタントに対応する

 ソニー<6758>はCESで発表したスポーツタイプの完全ワイヤレスイヤフォン「WF-SP700N」と、ワイヤレスイヤフォン「WI-SP600N」に、発売後のソフトウェアアップデートで、Googleアシスタント連携機能を追加する。

 それぞれ左側イヤフォンのボタンをクリックするとAIアシスタントが起動。音楽ストリーミングサービスからの楽曲検索・再生、天気やユースの読み上げなどができるようになる。完全ワイヤレスイヤフォンはデジタルノイズキャンセリングと外音取り込みの機能を搭載、IPX4相当の防滴仕様とした。

 スマホアプリ「Sony Headphones Connect」からは好みのイコライザーを選択したり、外音取り込みのモード選択などができるようになる。カラバリは丸みを帯びたカジュアルなルックスの本体にマッチするパステル調の4色。価格は179ドル(約2万円)とお手頃。日本での発売も予定されているというから楽しみだ。

CES_Audio
ハイレゾ対応のプレミアムヘッドフォン「MDR-1AM2」

 なお、ソニー<6758>からはハイレゾ対応のプレミアムヘッドフォン「MDR-1AM2」も発表された。MDR-1Aの発売から約3年半ぶりとなる待望のアップデートだ。アメリカの販売価格は229ドル(約2.5万円)。日本での発売もあり。

 液晶ポリマーの振動板にアルミニウムコートをかけた直径40mm口径のHDドライバーはMDR-1Aと同じだが、フィボナッチ数列からヒントを得て、編み目の開口率を均等にしたグリルを搭載。艶やかで切れ味豊かな中高域を再現する。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色。本体の重さは200gを切る軽量化を図った。

 その成果は本体を初めて手に取った時にすぐ実感できると思う。ケーブルは着脱式で、ヘッドフォンはバランス駆動に対応している。日本でまたじっくりと聴いてみたいヘッドフォンだ。

お待ちかね「あのブランド」も完全ワイヤレスイヤフォンを発表

 昨年のCESではブースで完全ワイヤレスイヤフォンを発見すると思わず足を止めて、出展者に詳しい内容を尋ねたものだが、今年はブランド・製品ともに一気に増えた感じがする。意外にもまだ完全ワイヤレスイヤフォンを発売していなかったあのブランドも遂に処女作を発表している。

CES_Audio
パイオニア<6773>の完全ワイヤレスイヤフォン「SE-C8TW」

 「SE-C8TW」はパイオニア<6773>初の完全ワイヤレスイヤフォン。アメリカでの販売価格は約100ドルなので、ポジション的にはエントリークラスに位置付けられるモデルだろう。コーデックはAACとSBCをサポート。ドライバーは6mm口径のダイナミック型。本体色はブラックだ。コンパクトなイヤフォン本体に対してケースはやや大きめだ。

CES_Audio
JVCの「HA-ET90BT」はスポーツタイプの完全ワイヤレスイヤフォン

 JVCも初めての完全ワイヤレスイヤフォン「HA-ET90BT」をCESで発表している。IPX5相当の防滴仕様としたスポーツモデルだ。イヤーピースの先端が柔軟に曲がって耳穴にフィットする「ピボット・モーション・フィット」機能を採用。ハウジングも耳穴にフィットして外れにくいよう長方形のデザインとしている。カラバリは全4色。イコライザー機能に万が一イヤフォンが見当たらない時にアラーム音とLEDの点滅を頼りに探せる「Find」機能、バッテリーの残量表示が確認できる「JVC Headphones Manager」アプリも用意する。アメリカでは149.95ドル(1万6600円)で3月に発売される。

CES_Audio
モンスターは二種類の完全ワイヤレスイヤフォンを発売する。一つがアクセサリーのような「ELEMENTS」
CES_Audio
もう一つがIPX5相当の防滴機能を搭載した「iSport」

 モンスターは女性の音楽ファンを意識したアクセサリー感覚で身につけられるキラキラ系デザインの「ELEMENTS」と、スポーツシーン向けの「iSport」の両シリーズに完全ワイヤレスイヤフォンを追加する。アメリカの発売時期は3~4月頃。価格はELEMENTSが249ドル(約2万7600円)、iSportが199ドル(約2万2000円)になる。

CES_Audio
CES_Audio
B&Oの「E8」にオールブラック/オールホワイトの限定2色が加わる

 B&O PLAYは昨年末に発売された人気の完全ワイヤレスイヤフォン「Beoplay E8」に新色の「オールブラック」と「オールホワイト」を発売する。時期や価格は未定だが、アパレル系やデザイン文具などのコンセプトショップに販路を絞り、数量も限って販売するモデルになるようだ。

 日本でも発売されるが、売り切れ必至なので気になる方は予約をお早めに。

CES_Audio
NAVERが開発を進めるスマートイヤフォン「MARS」

 韓国のNAVERはLINE<3938>のAIアシスタント「Clova」に対応する完全ワイヤレスイヤフォン「MARS」を準備中だ。イヤフォンとして音楽が聴けるだけでなく、Clovaによるリアルタイム翻訳機能が使えるようになる予定。単語だけでなくある程度長いセンテンスの文章にも対応するそうで、日本語から他の言語へのリアルタイム翻訳も視野に開発が進められている。商品としての発売時期は秋頃がターゲットとしていた。

CES_Audio
オーディオテクニカのフルデジタルワイヤレスイヤフォン「ATH-DSR5BT」

 このほかにもオーディオテクニカがアメリカで発売するモデルとして、フルデジタル伝送のワイヤレスイヤフォン「ATH-DSR5BT」を発表した。価格は399ドル(約4万4300円)。aptX HD対応、アルミニウムのハウジングに2つのダイナミック型ドライバーを配置したプッシュプル駆動方式による解像感が高く切れ味鋭いサウンドが特徴だ。

「今年のCESはとにかくAIアシスタントやロボットの話題で持ちきりだったが、ポータブルオーディオの盛り上がりもなかなかのものだった。特にワイヤレスオーディオは海外のメーカーの開発意欲にすっかり火が付いたようで、これからはギアをトップに入れてくるだろう。豊作の1年になりそうだ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月14日(日)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。