CFDとインテルの共同ブランドSSD「CFD EX.」シリーズから新モデル登場

アスキー 2018年02月13日(火)22時56分配信

 CFD販売がインテルと立ち上げたコラボブランド「CFD EX.」シリーズから、Serial ATA対応の2.5インチSSD「HG7」シリーズが発売された。

CFDとインテルの共同ブランドSSD「CFD EX.」シリーズから新モデル登場
CFDとインテルの共同ブランドSSD「CFD EX.」シリーズから新モデル登場
Serial ATA対応の2.5インチSSD「HG7」シリーズ。SSD高速化ソフト「TURBO BOOST」のプロダクトキーが付く

 「HG7」シリーズは、インテル製SSDを採用する新ブランド。「HG7」シリーズではコントローラは非公開ながら、NANDには64層のIntel 3D NAND TLCが採用されている。なおCFDによると、コントローラーはもちろん、NANDフラッシュの各チップにも熱対策が施されているため、放熱性が高いとしている。

CFDとインテルの共同ブランドSSD「CFD EX.」シリーズから新モデル登場
CFDとインテルの共同ブランドSSD「CFD EX.」シリーズから新モデル登場
採用されているのはIntel「SSD 545s」シリーズ。NANDには64層のIntel 3D NAND TLCを搭載する

 主なスペックは、最大転送速度がシーケンシャルリード550MB/sec、同ライト<1926>500MB/sec、ランダムリード7万5000IOPS、同ライト<1926>8万5000IOPS、書込耐性が144TBW~288TBW。ラインナップは256GB「CSSD-S6i256HG7V」と512GB「CSSD-S6i512HG7V」の2モデル。なお、内部のSSDを確認したところ、Intel「SSD 545s」シリーズが採用されていたほか、SSD高速化ソフト「TURBO BOOST」のプロダクトキーが同梱済みだった。

 価格は256GB「CSSD-S6i256HG7V」が1万2938円、512GB「CSSD-S6i512HG7V」がドスパラ秋葉原本店で2万1980円、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で2万3544円となっている。

【関連サイト】

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)22時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。