スポーツ観戦さながらの熱気! プロリーグのLJLを生で観てきた

アスキー 2018年02月15日(木)16時00分配信
lhl
LJL 2018 Spring Splitを観戦してきた!

「LJL 2018 Spring Split」開幕

 2月9日、「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(以下、LJL)」の2018年シーズン前半戦となる「LJL 2018 Spring Split」が開幕した。2018年から、中野にオープンしたばかりの「Red Bull Gaming Sphere Tokyo」で全試合を観戦できるようになった。観戦方法は、LJL公式ホームページを参照してほしい。

ljl
Red Bull Gaming Sphere Tokyoは、中野駅南口からまっすぐ歩いて行ったところにある。この看板が目印

 リーグ・オブ・レジェンドは、2009年に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレーヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が開催されているオンラインゲーム。マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレーヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素が加わり、スピード感ある展開が特徴だ。

 LJL 2018 Spring Splitの出場チームは、「7th heaven」「DetonatoN FocusMe」「PENTAGRAM」「Rascal Jester」「Unsold Stuff Gaming」「V3 Esports」。レギュラーシーズンは2月9日から3月31日までで、全6チームでBO3(2試合先取制)の総当たり戦を実施する。スケジュールは、公式サイトでチェックしてほしい。

 今回は、パソコン工房が展開しているゲーミングブランドLEVEL∞(レベルインフィニティ)がスポンサードしているプロゲームチームの7th heavnが出場すると聞いたので、実際に観戦してきた。

lhl
7th heavenはMatch 3に登場

リーグ・オブ・レジェンドの大会はゲーム観戦よりスポーツ観戦に近い

 Red Bull Gaming Sphere Tokyoは、中野駅南口からまっすぐ進んだ場所にある。地下1階に会場があり、扉を開けて中に入ると、“知る人ぞ知る”といった雰囲気の空間が広がっていた。

 対戦は様々な場所にあるモニターで観戦でき、出場チームの選手が戦っているところを間近で観ることも可能だ。なお、Red Bullが手掛けているゲーミングスペースだけあって、レッドブルを無料で提供しており、飲みながら観戦できる。

lhl
モニターで観戦が可能。ソファー席もある
red
レッドブルが無料で飲める

 対戦を観戦していて印象的だったのが、チームごとにファンがいたり、対戦開始前はチーム名を連呼して応援したり、素晴らしいプレーが飛び出したら歓声が沸いたりと、ゲームというよりはスポーツの試合観戦に近い雰囲気だった点だ。会場では選手たちの緊張感や気迫を生で感じられるため、Twitchで観戦するのとはひと味違う体験ができる。

第1試合はEvi選手の猛攻に苦戦

lhl
7th heaven。左からraizin選手、Savage選手、Rokenia選手、Haretti選手、ThintoN選手
lhl
DetonatoN FocusMe。左からEvi選手、Steal選手、Ceros選手、Yutapon選手、viviD選手

 観戦したのは7th heaven対DetonatoN FocusMe。Game 1の序盤は互いを警戒しながらの動きが続いたが、raizin選手とEvi選手が1v1となり、raizin選手が絶妙なタイミングでストップウォッチを発動。さらにSavage選手も追撃にかかるが、Evi選手が逃げ切り逆にSavage選手が孤立してしまい、Steal選手にファーストブラッドを奪われてしまう。個人技の応酬に会場のボルテージ<3639>も一気に上がった。

lhl
Evi選手の止まらない猛攻撃に苦戦したGame 1
lhl
Evi選手と1v1が多かったraizin選手。絶妙なタイミングでストップウォッチを発動するもEvi選手撃破まで一歩及ばず
lhl
Evi選手を倒す場面もあったが、悪戦苦闘していた

 Evi選手を中心に戦略を作り上げてきたDetonatoN FocusMeの攻撃に苦戦を強いられる7th heaven。イケイケなEvi選手は止まることなく、7th heavenはなかなか仕掛けられずに試合が進み、結局DetonatoN FocusMeがGame 1を制した。

逆襲の7th heaven、得意の連携プレーが炸裂

lhl
Game 2では、7th heavenが得意の連携プレーを炸裂

 Game 2は、Game 1の逆襲といった感じでraizin選手とSavage選手がEvi選手を倒してファーストブラットを取り、続けてRokenia選手もCeros選手をソロキル。その後もSavage選手のタワーからのダメージをRokenia選手がカバーしたり、スタンを受けてしまったSavage選手をHaretti選手とThintoN選手がカバーするなど、7th heavenの強みであるチームの連携を発揮。

lhl
Game 1で大暴れしていたEvi選手も、raizin選手とSavage選手のタッグが撃破
lhl
あと1撃与えられるとヤバイSavage選手に向かうタワーからのダメージをRokenia選手が受けてカバー
lhl
Savage選手がスタンを受けてしまったところを、Haretti選手がカバー
lhl
ThintoN選手も連携してカバー。Game 2はチーム力が出る場面が多かった

 中盤から集団戦の強さをみせて有利な試合運びを展開し、Game 1で大暴れしてGame 2でもいい動きをしていたEvi選手を苦しみながらもうまく抑え込み、Game 2は7th heavenが逆転する形で取り返した。

lhl
見事7th heavenが勝利

勝負が決まるGame 3

 勝負が決まるGame 3は、DetonatoN FocusMeもチームワークを発揮。じわじわと連携プレーを見せながらキルを重ねていき、7th heavenは苦戦を強いられる。22分の段階でバロンを取り、着々と優勢な状態を作り上げていくDetonatoN FocusMe。7th heavenは何とか抵抗しようとするものの、猛攻を止められず、Game 3はDetonatoN FocusMeの勝利となった。

lhl
健闘したものの、勝利には一歩及ばなかった
lhl
MVPにはEvi選手が選ばれた

■関連サイト

リーグは始まったばかり、今後の展開に期待!

lhl
7th heavenのメンバーに2018年の意気込みを聞いた

 今回惜しくも敗れてしまった7th heavenだが、LJL 2018 Spring Splitはまだ始まったばかり。2戦目では強みである連携プレーも存分に発揮されていたので、今後の展開に期待したい。また、7th heavenのメンバーに2018年の意気込みも聞いたので紹介する。

7th heaven推奨ゲーミングPCで、リーグ・オブ・レジェンドをプレーしよう!

lhl
リーグ・オブ・レジェンドが快適に動作するLEVEL∞「7th heaven推奨パソコン」が販売中

 7th heavenとスポンサー契約を結んでいるLEVEL∞(レベルインフィニティ)は、7th heavenとコラボレーションした「7th heaven推奨パソコン」を販売している。ラインアップは、GeForce GTX 1060(3GB GDDR5)搭載の「LEVEL-C37N-i5-RNJ-7th」、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)搭載の「LEVEL-M037-i7-RNR-7th」、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)搭載の「LEVEL-R037-i7K-TXVI-7th」。

lhl
Mini-ITXケースを採用する「LEVEL-C37N-i5-RNJ-7th」

 LEVEL-C37N-i5-RNJ-7thは、Core i5-8400(2.8GHz)、GeForce GTX 1060(3GB GDDR5)、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は500Wで、80PLUS SILVER認証を取得している。価格は12万4178円。

lhl
ミニタワーケースを採用する「LEVEL-M037-i7-RNR-7th」

 LEVEL-M037-i7-RNR-7thは、Core i7-8700(3.2GHz)、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、8GBメモリー、240GB SSD、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は500Wで、80PLUS SILVER認証を取得している。価格は14万5778円。

lhl
ミドルタワーケースを採用する「LEVEL-R037-i7K-TXVI-7th」

 LEVEL-R037-i7K-TXVI-7thは、Core i7-8700K(3.7GHz)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)、16GBメモリー、250GB SSD(M.2接続/NVMe対応)、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は500Wで、80PLUS SILVER認証を取得している。価格は19万7618円。

 エントリーモデルのLEVEL-C37N-i5-RNJ-7thでもリーグ・オブ・レジェンドが快適に遊べるほか、ハイエンドモデルのLEVEL-R037-i7K-TXVI-7thではプレー動画配信にも対応する性能を持っている。これからリーグ・オブ・レジェンドを始めたい人や、より快適な環境で遊びたいという人は、ぜひ検討してほしいマシンだ。詳しいスペックなどは特設サイトをチェックしてほしい。

 今年から観戦可能となったLJL 2018 Spring Split。実際に行ってみると、生でプロゲーマーの戦いを大勢の人が観にきており、予想以上に盛り上がっていた。今まで動画で観戦していたという人も、e-Sportって最近よく聞くので気になっているという人も、1度Red Bull Gaming Sphere Tokyoに足を運んでその熱気を感じてみてほしい。

Red Bull Gaming Sphere Tokyo
所在地:東京都中野区中野3丁目33-18 フェルテ中野 B1F
公式サイト:https://www.redbull.com/jp-ja/projects/red-bull-gaming-sphere-tokyo

© 2018 Riot Games. All Rights Reserved. Riot Games and League of Legends are trademarks, service marks, or registered trademarks of Riot Games, Inc. In the United States and other countries throughout the world.

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月15日(木)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。