BMW、7シリーズのハイブリッドモデル(PHEV)を発表…1169万円から

オートックワン 2016年10月13日(木)12時23分配信

「BMW i」の電気駆動技術「eDrive」を搭載

ビーエムダブリューは、7シリーズに「新型740e iPerformance(アイ・パフォーマンス)」を追加し、10月13日より注文受付を開始する。納車は10月下旬からを予定している。

価格(消費税込)は、740e iPerformanceが1169万円、740e iPerformance M Sportが1240万円となる。

新型740e iPerformanceは、量産車初の革新的機能を数多く採用したフラッグシップモデルの7シリーズに、BMWのサブブランド「BMW i」に初搭載された電気駆動技術「eDrive(イー・ドライブ)」を組み合わせ、運動性能と高い環境性能を両立したプラグインハイブリッドモデルである。

9.2kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載する740e iPerformanceは、新型2リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンに、8速オートマチックトランスミッションと一体化された高出力電気モーターを組み合わせ、システムトータルの最高出力240kW(326ps)、最大トルクは500Nm(51.0kgm)の卓越したパワーを発揮する。

0-100km/h加速は5.4秒(ヨーロッパ仕様車値)と、3リッター過給エンジン車を上回る卓越した動力性能を実現した。

また、電気モーターのみでの走行の場合、42km(JC08モード)までゼロエミッション走行が可能である(速度域は時速140kmまで)。

さらに、740e iPerformanceは、ブレーキ<7238>時や下り坂での運動エネルギーを回収し、走行中でも100%までバッテリーを充電することが可能。

さらに、全国約8500基の提携充電ステーションにて1年間無料で充電が可能なBMW専用の公共充電サービス「ChargeNow(チャージナウ)」が車両に付帯され、快適で便利なeモビリティライフを楽しむことができる。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月13日(木)12時23分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】