新型フリード販売好調!フリードはファミリーに、フリードプラスは独身者に人気

オートックワン 2016年10月18日(火)10時41分配信

フリード/フリードプラスは目標の4倍超の2万7千台を受注

ホンダ<7267>のコンパクトミニバン 新型フリード/フリードプラスの販売が好調だ。

9月16日の発売から1ヵ月の累計受注台数は、当初見込んでいた月間販売目標6千台に対し、4倍以上となる2万7千台を超えた。(10月16日時点)

エクステリアのデザインや広い室内空間と多様なシートアレンジ、力強い走りと低燃費を両立したパワートレインが好評で、ファミリー層を中心に売り上げを伸ばしている。

一番人気はフリードハイブリッド(38%)、次いでフリードガソリン(36%)、フリードプラスハイブリッド(15%)、フリードプラスガソリン(11%)と続く。

2列シートのフリードプラスは車中泊も可能とあって、独身者や子離れ層にも人気があるということだ。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ<7267> センシング)」が付いたグレードもしくはオプションを選択する購入者が多く、安全装備への期待度の高さがうかがえる。

>>新型フリード/フリードプラスの写真を見る(164枚)

新型フリード/フリードプラスの記事を読む

新型フリードはキープコンセプト!?旧型モデルと写真で徹底比較

ホンダ新型「フリード/フリード+」モデューロ仕様や趣味に役立つアクセサリーが登場

無限、「新型フリード/フリード+」用“大型スポーツグリル”など各種パーツを発売

【初心者向け解説】ホンダ 新型フリードの車中泊に優れた実用性を徹底解剖! シエンタとも比較してみた

ホンダ 新型フリード vs トヨタ 新型シエンタ どっちが買い!?徹底比較

すでに受注1万3千台!シエンタに挑む、ホンダ新型「フリード」の進化を試乗で徹底チェック!

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月18日(火)10時41分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。