日産 カルロス・ゴーンCEOが三菱自の取締役会長に就任

オートックワン 10月20日(木)18時31分配信

三菱自動車<7211>がルノー・日産アライアンスの一員に

三菱自動車<7211>は、日産による2370億円の出資完了を受け、日産が三菱自動車<7211>の発行済み株式の34%を保有する単独筆頭株主となったと発表した。

これにより三菱自動車<7211>は、日産とルノーの17年間にわたる力強いグローバルアライアンスの正式な一員となった。

日産の社長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス ゴーン氏は、三菱自動車<7211>の取締役会長候補に選出された。

日産からはゴーン氏の他に、すでに三菱自動車<7211>の開発担当副社長に就任している山下 光彦氏と専務執行役員(チーフ・サステナビリティ・オフィサー)に川口 均氏、常務執行役員(グローバルコントローラー:経理部門担当)の軽部 博氏の3名が取締役に選出された。

三菱自動車<7211>の取締役会長兼取締役社長(CEO)の益子 修氏は、日産に対して、三菱自動車<7211>の経営陣を強化するために経営幹部の派遣を要請し、それに伴い、日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)のトレバー マン氏が、三菱自動車<7211>の最高執行責任者(COO)に就任することに。

益子氏は、「当社の新しい筆頭株主となる日産の積極的な、戦略上、業務上および経営上のサポートを心より歓迎します。日産は、当社の取締役会と経営陣の一員として、より深化したアライアンスを通じて、お客さまの当社への信頼を再構築し、将来のシナジーを最大化させる手助けをしてくれることを期待しています」と述べた。

三菱自動車<7211>は、コンプライアンスおよびリスク管理を監督するグローバルリスクコントロール担当の役員をCEO直属として新たに設置する。同役員は、三菱自動車<7211>におけるガバナンス向上策についての報告を取締役会に対して定期的に行っていく。

日産および三菱自動車<7211>は、軽自動車における5年間の連携を礎に、下記のシナジー創出のための多岐に亘るプログラムを開始する予定となっている。

- 共同購買コストの削減

- グローバルでの現地化の推進

- 工場の共用

- 共通の車両プラットフォーム

- 技術の共有

- 発展途上市場および新興市場における両社のプレゼンスの拡大

- 豪州等の市場における三菱自動車<7211>のお客さま向けに日産の販売金融会社を活用

今回のパートナーシップにより、三菱自動車<7211>は、継続的に大きなシナジーが創出されることを見込んでおり、2017年度には、営業利益率が1%、2018年度は2%、2019年度には2%以上の向上が期待されている。

また、シナジーにより、一株当たりの収益も、2017年度には12円、2018年度には20円増加することが見込まれている。

ゴーン氏は、「拡大したアライアンスは、2016年度の年間販売台数が1000万台となる世界最大規模の自動車グループとなります。三菱自動車<7211>を迎えたことにより、17年前に創設したルノーと日産のアライアンスを特徴づける企業家精神やマネジメントの協力体制はより一層強固なものとなるでしょう。ひいてはこれが、すべてのステークホルダーに恩恵をもたらすものと確信しています。」とコメントした。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月20日(木)18時31分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】