ホンダ ステップワゴンのコンプリートカー「モデューロX」発売…ライバルはヴォクシーG'sやセレナライダー

オートックワン 2016年10月20日(木)12時50分配信

ステップワゴン モデューロXのライバルはヴォクシーG's/セレナライダー

東京オートサロン2016にコンセプトカーとして出品された「ホンダ<7267> ステップワゴン モデューロX」が、10月21日に発売される。

モデューロXは、ホンダ<7267>車を知り尽くした熟練のエンジニアが、ベース車両の走行性能、居住性、デザインに「匠の技」を注いで完成させるコンプリートカーブランド。

第1弾は「N-BOX モデューロ X」、第2弾は「N-ONE モデューロ X」を発売し、今回の「ステップワゴン モデューロX」は第3弾となる。

ステップワゴン モデューロXの開発では、エンジニアやデザイナーもテスト走行に参画することで、緻密に積み上げたデータと共に、人の感性を大切にしながら、「ドライバーの意思にリニアに応える操縦性」「所有する喜びを満たす機能美デザイン」「見て、触って、乗って感じられる質感の高さ」を追求した。

ステップワゴン モデューロXは、力強くスムーズな加速を実現する直噴1.5L VTEC ターボエンジンや、縦にも横にも開くテールゲート「わくわくゲート」、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」といった基本装備はそのままに、専用サスペンションや空力特性に優れた専用エクステリアなどにより、スポーティーでしなやかな走りを磨き上げた。

ボディカラーは、プレミアムスパイスパープル・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、ホワイトオーキッド・パールの3色をラインナップ。価格(消費税込)は、366万5000円となる。

ちなみに、ライバルのトヨタ ヴォクシー/ノアはG's、日産 セレナはライダーをラインナップしており、ステップワゴンにおいてもこの「モデューロX」を投入することで”スポーティなミニバン”というカテゴリーに参入することになる。

>>ステップワゴン モデューロXの写真を見る(43枚)

チューニングカー漫画「よろしくメカドック」とのコラボ

また、ステップワゴン モデューロXの発売にともない、チューニングカー漫画として人気を博した「よろしくメカドック」とコラボレーションし、読切コミック「よろしくメカドックステップワゴン モデューロXの巻」をホームページで公開。

シビックタイプRユーロに乗っていた顧客が、家族が増えてステップワゴン モデューロXに乗り換えるというストーリーを掲載している。

なお、「よろしくメカドック」は1982年から1985年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された、次原隆二氏による作品である。

よろしくメカドック ステップワゴン モデューロXの巻

ステップワゴン モデューロXの特長

サスペンション設定と空力特性のチューニングにより、車体前後のリフトバランスを高めることで4輪の接地性を向上、旋回時の路面トレース性能を磨き上げた。

また、サスペンションのバネレートと減衰力の変更により、路面の凹凸や道路の継ぎ目といった段差でも揺れの収まりが良い乗り心地を追求した。

大開口グリルの採用やエンジンアンダーカバーの小型化により、車体正面から受ける風をエンジンルームに取り込んで下面に流すとともに、車体下部のフィンで整流。

車体下中央に早い空気の流れをつくることで、常用域から高速域までオンザレール感覚を極めた直進安定性を実現し、乗員に一層の安心感をもたらす。

エクステリアは、空力性能を磨きながら、品格と存在感を備えた機能美あふれるデザインとし、インテリアでは、質の高い走りを予感させる専用インテリアと充実の装備を採用した。

東京オートサロン2016に出品されたステップワゴン モデューロコンセプト

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月20日(木)12時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】