アルピーヌ、新型スポーツカーを2017年に発売へ!往年の名車「A110」がよみがえる

オートックワン 2016年10月20日(木)11時09分配信

コンセプトモデル「アルピーヌ ヴィジョン」日本初公開

1960年代から70年代にかけてラリーシーンで大活躍したフランスのスポーツカーブランド「アルピーヌ」が間もなく復活する!

ルノー・ジャポンは10月11日、往年の名車「アルピーヌ A110」を髣髴とさせるプレミアムスポーツカーコンセプト「アルピーヌ ヴィジョン」を、ここ日本で初公開した。

欧州以外でアルピーヌヴィジョンが公開されるのは日本が初めてとなる。

低く、流れるようなプロファイル、丸みのあるボンネット、丸型画2灯ヘッドライト、彫り込まれたようなサイドは、リアに向かって狭まる特徴的なリアフェンダーにつながり、水平のリアライトが取り付けられた長さのあるテイルを作り出す。

RRの「A110」とは異なり、ミッドシップに搭載された4気筒ターボエンジンは、停止状態から時速100kmに到達するのに約4.5秒という加速能力を発揮する。

>>アルピーヌヴィジョンの写真を見る(77枚)

新型スポーツカーの発売は2017年に欧州で 日本は2018年か

2017年にはこのアルピーヌ ヴィジョンをベースとした市販モデルを発表。まずは欧州で発売され、その後、世界各地で販売が開始される計画だ。日本でも2018年には導入される見込み。

詳細についてはまだ明らかにされていないが、「アルピーヌ A110」を思わせるコンパクトでスタイリッシュなデザインに期待が高まる。

日本で初公開されたアルピーヌヴィジョン

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月20日(木)11時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】