日産 エクストレイル、次期モデルを英国サンダーランド工場でも生産へ

オートックワン 2016年10月28日(金)11時46分配信

エクストレイルはキャシュカイとともにサンダーランド工場で生産される

日産は、エクストレイルの次期モデルを英国サンダーランド工場で生産すると発表した。

現在サンダーランド工場ではキャシュカイ(日本では販売終了したデュアリスの次期モデル)を生産しており、同工場の競争力維持を公約する英国政府の表明を受け、新たにエクストレイルの生産が決定された。

これまで日産は、サンダーランド工場に37億ポンドを超える投資を行っており、今後も投資を増やし、同工場で働く7千人とサプライチェーンの2万8千人の雇用を確保・維持するとしている。

日産 社長兼最高経営責任者のカルロス・ゴーン氏は、「当社が引き続きサンダーランド工場に投資できることを嬉しく思います。同工場の従業員は、日々、高品質で価値の高いクルマを生産し、サンダーランド工場を世界でも有数の競争力の高い工場にしてくれています。英国政府から支援と公約を得られたことで、サンダーランド工場での次期型キャシュカイと次期型エクストレイルの生産決定につながりました。テリーザ・メイ首相の、英国の自動車産業および産業戦略全体の発展に対する強い決意に敬意を表します。」と述べた。

日産のサンダーランド工場は、1986年の操業開始以来、累計900万台近くの車両を生産しており、200万台以上のキャシュカイを10年かからずに生産した実績を持つ英国最大規模の自動車工場である。

同国で生産されている3台に1台のクルマを生産しており、その車両の8割は130以上の国と地域に輸出されている。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月28日(金)11時46分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。