日本でもSUVのオープンカーが買える!レンジローバー イヴォーク コンバーチブル765万円で発売!

オートックワン 2016年10月28日(金)16時14分配信

【話題の新型車を写真でチェック!】

何年か前に横浜の日産本社ギャラリーに展示されているムラーノのオープンモデルを見て以来、「日本での発売はないのか」と、買えるか買えないかは別としてちょっと気になっていました。

そんな中で、2015年11月、ランドローバーのレンジローバーイヴォークにコンバーチブルモデルが追加されることが明らかに!その際に公開された水の中を走るオープンカーの写真はなんとも衝撃的でした。

日本では9月9日より受注が開始されており、価格は765万円(消費税込)です。

今回は注目ポイントを写真たっぷりでお届けします!

>>レンジローバー イヴォーク コンバーチブルを写真を見る(66枚)

SUVの大きなボディでオープンという不思議な感覚

レンジローバー イヴォーク コンバーチブルは、イヴォークオリジナルのデザインはそのままに、個性的なシルエットを生み出すZ型格納式ソフトトップ・ルーフ(防音仕様)を採用。これにより室内空間を犠牲にすることはなく、折りたたんだルーフを収納するためのスペースを設けるために、フロントドア後部の車体やテールパイプ、スポイラーを新たに設計しています。

内装にはオックスフォードレザーなど随所に高級素材を使用

また、大人4名がゆったりと座れる広々したスペースと、ルーフの開閉を問わない251リットルのラゲッジルーム、10.2インチの最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を備えるなど、快適性と利便性を両立しています。

オールシーズンに対応するレンジローバー イヴォーク コンバーチブルの走行性能

ルーフの開閉は、センターコンソールに配置されているスイッチを操作。時速48kmまでであれば走行中でも、21秒でルーフを展開、18秒でルーフを格納することができます。

また、オンロード・オフロードでの高い走破性能を兼ね備えていて、オールシーズンに対応します。

そして気になる安全性はコンバーチブルモデルでもきちんと確保! 横転保護システムにより、万一車が横転した場合でも、自動的に2本のアルミ製のバーを90ミリ秒で作動させ、乗員のための安全なスペースを確保します。

>>レンジローバー イヴォーク コンバーチブルを写真を見る(66枚)

五味 康隆さんの試乗記も併せてチェック!

オープンSUVという衝撃! レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 国内初試乗レポート

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月28日(金)16時14分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】