Vモーショングリルで印象チェンジ!日産ノートe-POWERのデザイン注目ポイントは?

オートックワン 2016年11月02日(水)19時28分配信

新型ノート 内外装ともにモデルチェンジ

11月2日に日産のノートがマイナーチェンジして、新電動パワートレインのe-POWERが追加された。

e-POWERについては速報でお届けしたが、今回は一部改良されたエクステリア・インテリアの特徴などを写真でわかりやすく紹介する。

関連記事

>>日産ノート発売!新パワートレイン“e-POWER”搭載モデルの価格は177万円から

>>日産 新型ノートにガソリンエンジンで発電してモーターで走る「e-POWER」搭載

さくさく見るられるフォトギャラリー>> ◎マイナーチェンジしたノート(106枚)

■新世代の日産デザインを導入したエクステリアの特徴5つ

▼象徴的なVモーショングリルとシャープ<6753>さを増した新デザインのヘッドランプと、ロー&ワイド感を強調するバンパーによるフロントスタイル

▼新デザインのバンパーに加えて、リアコンビネーションランプのブーメランシグネチャーがワイド感とダイナミックさを力強く主張するリアスタイル

▼e-POWERの新しい電動パワートレインを主張する、Vモーショングリルのブルーライン

▼左右フロントドアとバックドアの3か所に装着されたe-POWER専用エンブレム

▼5色の新色を加え、多彩な13色のボディカラーバリエーション(プレミアムコロナオレンジは、e-POWER専用色)

■新デザインのD型3本スポークステアリングを採用!内装の特徴4つ

▼ステアリング下部をフラットにした、新デザインのD型3本スポークステアリングを全車に採用

▼e-POWER専用メーターを装備。ドライブする期待感を高める最先端のパワートレインを主張

▼スポーティさと高品質感を演出した、ハイスタンダードなインテリアをe-POWER Xに設定

▼e-POWER MEDALISTの華やかさとプレミアム感を向上させた、大人の落ち着きを漂わせるインテリア

▼MEDALISTにメーカーオプションで、明るい色調とフル合皮シートが、ワンランク上の高級感を主張するプレミアムホワイトインテリアを設定

主な先進機能と安全機能

主な先進機能

・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

・スマートルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付)

主な安全機能

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ

・LDW(車線逸脱警報)

・踏み間違い衝突防止アシスト

・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)

スポーティグレードのノートe-POWER NISMOも登場!

マイナーチェンジ前から設定されているノートNISMOにもe-POWERを搭載したモデルが発売される。

こちらは12月に追加される予定。

詳細が届き次第、お伝えしたい。

さくさく見るられるフォトギャラリー>>  ◎マイナーチェンジした日産 ノート

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月02日(水)19時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】