発売は12月中旬!トヨタ C-HR(CHR)間もなく日本デビュー【新型車を写真でチェック】

オートックワン 11月03日(木)11時50分配信

新型クロスオーバーSUVトヨタ C-HR(CHR)をチェック!

トヨタの新型クロスオーバーSUV「C-HR(CHR)」がいよいよ12月中旬に発売される。すでにウェブでの予約受付が始まっているC-HR(CHR)を改めて紹介する。

トヨタ C-HRは、2014年パリモーターショーにコンセプトカーとして初出展されてから、2015年のフランクフルト国際モーターショーなど、欧州を中心に展示。日本では東京モーターショー2015で初披露され、2016年9月に日本仕様の市販モデルの画像が初めて公開された。

デザインのコンセプトは、「センシュアル スピード-クロス」。

スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現し、SUVでありながらクーペのようなスタイリングに。質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求した。

プリウスに続き、新開発のプラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」を採用し、低重心で高いボディ剛性を実現。優れた操縦安定性や快適な乗り心地を実現した。

さらに、欧州をはじめとする世界の様々な道や国内外のサーキットコースで走行テストを重ね、走りを徹底的に鍛え上げた。

>>トヨタ C-HR(CHR)の写真を見る(110枚)

C-HR(CHR)のエンジンは1.8Lハイブリッドと1.2Lターボ

日本仕様のC-HR(CHR)のボディサイズは、欧州仕様と変わらず全長4360×全幅1795×全高1550mm、ホイールベースは2640mm。

安全装備の面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備する。

C-HR(CHR)の日本国内でのラインナップは、1.8リッターのハイブリッドシステム(98ps/142Nm)を搭載する「G」「S」と、1.2リッターターボエンジン(116ps/185Nm)を搭載する「G-T」「S-T」の計4グレードで、トランスミッションはハイブリッド車には電気式無段変速機が、ガソリン車にはSuper CVT-iが組み合わされる。

なお、欧州で設定がある6速マニュアルは、日本導入は未定となっている。

ボディカラーは8色を用意。レッド<3350>やイエロー、グリーンやブルーなどの個性的なカラーも設定される。

トヨタ C-HR(CHR)エクステリア

トヨタ C-HR(CHR)インテリア

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月03日(木)11時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】