NSXレースカーを運ぶMDXトレーラーがイケてる!ホンダ、米国SEMAショーに出展

オートックワン 2016年11月04日(金)12時39分配信

チューニングやカスタマイズした車両を展示

ホンダ<7267>は、米国・ラスベガスにて11月1日(火)から4日(金)まで開催中の「2016 SEMAトレードショー」で、9月にパリモーターショーで初披露したシビック タイプR プロトタイプモデルなどを公開した。

さらに、ホンダ<7267>の純正カスタマイズブランドであるHFP(Honda Factory Performance)製のアクセサリーを装着したシビックハッチバックのコンセプトモデルをはじめ、10代目シビックシリーズの各モデルをベースにさまざまなチューニングやカスタマイズを施した車両を出展、シビックシリーズの魅力を広げる提案をした。

また、今年フルモデルチェンジを行ったピックアップトラックの新型リッジラインに、荷台の積載エリアを拡張できるベッドエクステンダーやスポーツグリルなどさまざまな純正アクセサリー用品を装着し、多用途性や外観の魅力をより一層引き出した車両も展示している。

アキュラブースでは、2017年に北米レースでデビュー予定のNSX GT3レースカーを出展。

レースの世界観で統一させたラッピングを施したラグジュアリーSUVのMDXと、NSXのイメージをモチーフにしたオリジナル製作のトレーラーと共に展示している。

>>ホンダ・アキュラ 2016 SEMAトレードショーに出展した車両

シビック タイプR プロトタイプモデル

シビックハッチバック

シビッククーペ オールスターパフォーマンス

シビックセダン コンセプト

リッジライン

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月04日(金)12時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。