超高級車!1960年製ロールス・ロイスと最新ベントレーを乗り比べできるチャンス!

オートックワン 2016年11月07日(月)16時36分配信

イギリス生まれの高級車、ロールス・ロイスとベントレーに試乗できる夢のような試乗企画が登場!

今回は贅沢なことに1960年製のロールス・ロイス PhantomV Touring Limousine by H.J.Mullinerと最新モデルのベントレー Continental GT Speedの新旧を乗り比べることができる。試乗権は抽選で5名にプレゼント。なお、応募受付は11月7日(月)より開始した。

ディー・エヌ・エー<2432>(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は希少なクルマ体験ができるプレゼント企画を行っている。これまでにデロリアン DMC-12や、EVとなって蘇った幻のスポーツカーTommykairaZZ、ランボルギーニ ウラカン LP 620-2 スーパートロフェオなどもこの企画に登場した。

>>キャンペーンサイトはこちら

当選者は・・・

当選した方は、2016年12月18日(日)に埼玉県にあるワクイミュージアムで試乗を満喫できる。

会場となるワクイミュージアムは、ロールス・ロイスやベントレーなどイギリスを代表するクラシックカー約20台が展示されているミュージアム。

吉田茂元首相が使っていた1937年製の「ロールス・ロイス 25/30HP Sports Saloon」や1928年のル・マン24時間レースで優勝した「ベントレー 4.5L Old Mother Gun」など、ワクイミュージアム館長の涌井清春氏が30年間にわたって収集した逸品の数々を見ることができる。

>>1960年製ロールス・ロイスと最新ベントレーを写真で見る

「Anyca(エニカ)」とは

「Anyca(エニカ)」は、自動車を使わない間は使いたい人にシェアしたいオーナーと、必要な時に好みの自動車を使いたいドライバーをマッチングする、新しいカーシェアサービス。国内外の乗用車をはじめスポーツカーや旧車のほか、痛車と呼ばれる個性的なものまで様々で、現在都内を中心に2000台以上が登録(2016年10月末時点)されており、気分やシチュエーションに合わせた選択が可能だ。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月07日(月)16時36分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。