日産とニスモが新開発、新型GT-R NISMO GT500で2017年スーパーGTに参戦

オートックワン 2016年11月11日(金)16時43分配信

2017年規則に対応した空力性能の確保とエンジン性能の向上

日産とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、スーパーGT GT500クラスの2017年規則に合わせて開発した「Nissan GT-R NISMO GT500」を発表した。

スーパーGTのGT500クラスは、ドイツツーリングカー選手権(DTM)との将来的な車両規則の統合を目標に、2014年にエンジンを除く車両規則が共通化された。

2017年規則では、主に安全性の向上と性能均衡化、そして共通部品の拡大を目的とした改定が行われた。日産は2017年規則の中でも特に「安全性の確保」のもつ意義に賛同し、技術的な挑戦に取り組んでいる。

日産のモータースポーツ活動を担うニスモは、発表以来最大級の刷新を行ったGT-R NISMO 2017年モデルの特徴的なデザインをはじめとする「深化」を反映させながら、これまでのGT-R NISMO GT500の速さと強さのDNAを継承した新型車両を開発した。

具体的な開発ポイントは以下の通り。

・“トータルダウンフォース25%削減”という新規則への対応と空力性能の進化

・エンジンの使用基数制限に対応した、エンジン耐久信頼性と出力性能の向上

・車両低重心化と重量配分の最適化による運動性能の向上

12月11日に富士スピードウェイで開催される「NISMO FESTIVAL」で展示

ニスモの社長兼CEOの片桐隆夫氏は 「日産ブランドの“Excitement”を担っているGT-Rで、最高峰のGTレースであり、3メーカーが全力でぶつかり合う競争の激しいスーパーGTを戦うことは、我々にとって大きな意味があります。そして、そこでいい結果を出すことは技術的にもマーケティング的にも大変大事なことだと考えていますので、引き続き全力で戦っていきたいと思います。シーズンオフには、17年仕様のNissan GT-R NISMO GT500の開発をさらに進めます。レクサス勢、ホンダ<7267>勢と競い合いながら、これまで以上にファンの皆さんにワクワクしていただけるような、より魅力的で速いGT-Rを開幕戦のグリッドには、並べたいと考えています」と述べた。

なお、この2017年仕様の日産 GT-R NISMO GT500は、12月11日(日)に富士スピードウェイで開催されるファン感謝イベント「NISMO FESTIVAL」で展示される。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月11日(金)16時43分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。