ピンクがカワイイ!ザ・ビートル、300台限定の特別モデル#PinkBeetle発売

オートックワン 11月11日(金)13時48分配信

車名に初の「#=ハッシュタグ」#PinkBeetle(ハッシュタグピンクビートル)

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ザ・ビートル初のピンク色をボディカラーに採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグピンクビートル)」を11月9日から発売する。

販売台数は合計300台で、価格(消費税込)は307万円。

#PinkBeetleは、車名に「#=ハッシュタグ」が付く初めてモデルで、VWやビートルファンの声によってネーミングされた。

鮮やかなピンク色にペイントされたビートルは、2015年のニューヨークオートショーでコンセプトカーとしてデビュー、その後、ソーシャルメディアを中心に世界中で大きな話題となり、今回日本でも限定車として導入することになった。

ハッシュタグピンクビートルは新型「ザ・ビートル デザイン」をベースとし、ピンクのボディカラーを同車では初採用した。フレッシュフクシアメタリックのボディカラーは、鮮やかな発色が印象的なフクシアの花をイメージした。

ボディ本体には、ブラック塗装したドアミラー、サイドモールディングをアクセントとして取り付け、さらに、リアスポイラーや専用17インチアルミホイールを装着することで、可愛らしいピンクのビートルにクールでスポーティなエッセンスを加えた。

シートはGTIのタータンチェックをピンク色にアレンジ

インテリアは、ピンク色のエクステリアとは対照的に、ブラックをベースに、スポーティモデルのGTI シリーズ専用のタータンチェックをピンク色にアレンジしたファブリックシートを採用するなど、お洒落な空間を演出した。

安全面はベースモデルに比べて、従来オプション装備の後方の死角を検知してドライバーに警告を発するブラインドスポットディテクションやリアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ<7238> 機能)を特別標準装備とし、Volkswagen オールイン・セーフティをより強化することで、より安全で快適なドライブを楽しめる。

また、人気オプション装備のバイキセノンヘッドライト(ハイトコ ントロール機能付)や Volkswagen純正ナビゲーションシステム 716SDCWを標準装備とし、安全性や利便性をさらに高めた。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月11日(金)13時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】