ホンダ、アキュラの次世代インテリアコンセプトを世界初公開!

オートックワン 2016年11月17日(木)12時12分配信

ホンダ<7267>は2016年ロサンゼルスオートショーにて、アキュラの次世代インテリアコンセプトとなるアキュラ プレシジョン コックピット(Acura Precision Cockpit)を世界初公開した。

アキュラ プレシジョン コックピットは、同社における今後のインテリアデザインとテクノロジーの方向性を示す運転席とインストルメントパネル周りのコンセプトモデル。

ドライバーの視線移動に配慮した大型ディスプレイ、先進の自動運転技術を実現する画像認識システム、そしてタッチスクリーンとリモートコントローラーのそれぞれの長所を取り入れた新しいインターフェースなど、より快適で安全な運転を可能とする新たな運転環境を提案。

今年1月の北米国際自動車ショーで発表し、既に量産車デザインへの適用も開始されている「アキュラ プレシジョン コンセプト(Acura Precision Concept)」と併せて、今後の進化の方向性を示している。

アキュラはこのほか、渋滞時の運転支援機能である「トラフィックジャムアシスト」を来年発売のモデルに新たに追加することや、先進の安全運転支援システム「アキュラ ウォッチ(Acura Watch)」を搭載したAcura車が70,000台に達したことなどを発表した。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月17日(木)12時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。