ホンダ新型シビックのスポーティモデル、シビックSiを世界初公開!LSDにアクティブダンパーなど本格的な装備

オートックワン 2016年11月17日(木)11時32分配信

ホンダ<7267>は、2016年ロサンゼルスオートショーにて、北米向けの新型シビックシリーズのスポーティモデルであるシビック Siのプロトタイプを世界初公開した。

シビック Siプロトタイプは2017年に発売予定のシビック クーペ Siとシビック セダン Siのデザインの方向性を示すモデルで、エアロパーツを随所に採用し、多角形型エキゾーストパイプフィニッシャーが特徴的なセンターマフラーや19インチハイパフォーマンスタイヤを装着するなど、シビックシリーズのスポーティーさを、より一層際立たせる仕様になっている。

デュアルVTCを備えた1.5L直噴DOHCターボエンジンにショートストロークの6速MTを組み合わせたほか、アクティブダンパーやアクティブステアリングシステム、LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)などの適用により、スポーティな運動性能をさらに強化している。

ホンダブースでは、シビック Siプロトタイプのほかに、セダン、クーペ、ハッチバック、そして今年9月にパリモーターショーで公開された「シビック TYPE R(タイプアール)」プロトタイプなど、10代目シビックシリーズの全ラインアップを展示する。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月17日(木)11時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。