マツダ 新型CX-5、北米市場に初めてのクリーンディーゼル搭載車を投入

オートックワン 2016年11月17日(木)10時05分配信

新型CX-5は北米の厳しい排ガス規制に適合する見込み

マツダ<7261>は、2017年後半より北米市場向けに投入する新型CX-5に、クリーンディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 2.2を搭載すると発表した。

新型CX-5は北米の厳しい排出ガス規制に適合する見通しで、マツダ<7261>として北米市場に初めてディーゼルエンジン搭載車を投入することになる。

>>5年ぶりにフルモデルチェンジするマツダ 新型CX-5を写真でチェック(77枚)

新型CX-5に搭載されるSKYACTIV-D 2.2は、高回転域まで軽快に伸びるパフォーマンスやトルクフルな走りと、クラストップレベルの優れた燃費性能を両立した。

また、「ナチュラル・サウンド・スムーザー」や「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」など、マツダ<7261>独自のノッキング音を抑える技術を採用し、優れた静粛性と心地よいエンジンサウンドを実現した。

マツダ<7261>の丸本 明代表取締役副社長執行役員は、「このエンジンは、北米市場で優れた走りと環境性能の両方をお求めのお客様にとって、新しい選択肢になり得ると信じています。」と述べた。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月17日(木)10時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。