スバルがランクルより大きい3列SUVを世界初公開!市販は2018年

オートックワン 11月18日(金)10時35分配信

全長5200mm!スバル最大のSUV

富士重工業<7270>は2016年LAオートショーで、VIZIV-7 SUV コンセプトを世界初公開した。

VIZIV(ヴィジヴ)シリーズは、スバルの安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したコンセプトシリーズ。

VIZIVとは、「Vision for Innovation(革新のための未来像)」を語源とする造語である。

今回初公開したVIZIV-7 SUV コンセプトは、スバルラインアップの中で最も大きいボディスタイルで、将来の多人数SUVを提示したモデルである。

シートは3列まであり、全座席でゆとりある室内空間を提供するボディサイズと、スバルのデザインフィロソフィーである“DYNAMIC x SOLID”を採用した。

2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列ミッドサイズSUVのサイズ感を表現している。

ボディサイズは5200 X 2030 X 1860mm(全長 X 全幅 X 全高)、ホイールベースは2990mm、タイヤサイズは265/55 R21となる。

>>スバルVIZIV-7 SUV コンセプトの写真をチェック(30枚)

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月18日(金)10時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】