スバル新型インプレッサにヨコハマタイヤ“ADVAN Sport V105”が新車装着

オートックワン 11月21日(月)14時51分配信

10月25日より発売となった、スバル新型インプレッサの新車装着(OE)用タイヤとして、ヨコハマタイヤのADVAN Sport V105の納入を開始した(国内及び豪州)。なお、北米ではAVID S34が装着される。

サイズはADVAN Sport V105が国内向けに225/40R18 88W、豪州向けに225/40R18 92W、北米向けAVID S34はP225/40R18 88V。

新型インプレッサの国内向け車両には、横浜ゴム<5101>製のパンク応急修理キットが搭載されている。

>>新型インプレッサを写真で見る

主な特徴

ADVAN Sport V105はハイパワープレミアムカー向けサマータイヤで、高いドライビングパフォーマンスを発揮するとともに、優れた快適性や安全性を高次元でバランスさせた。

AVID S34は北米市場で販売している乗用車用オールシーズンタイヤAVIDに“環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい”をテーマとした横浜ゴム<5101>のグローバルタイヤブランドBluEarthの基盤設計や材料技術を採用して開発。優れた走行性能と安全性能を実現しながら低燃費性能も高めている。

第5世代となる新型インプレッサは、最高の“安心と愉しさ”を提供することを目指し、次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”をはじめとした様々な新技術を投入。総合安全性能と動的質感・静的質感を大幅に向上させている。

関連記事:スバル 新型インプレッサの受注が好調!発表1ヶ月で目標の4倍となる1万1千台を超える!

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月21日(月)14時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】