シトロエンC4ピカソにクリーンディーゼル導入!来春より日本発売へ

オートックワン 2016年11月21日(月)14時25分配信

シトロエンC4 PICASSO(ピカソ)に最新のクリーンディーゼルエンジンBlueHDiを搭載し、来春より日本導入する。今回、同時にフェイスリフトや最新の運転支援技術も装備された。

ディーゼルエンジンの開発に長い歴史を持つPSAグループの、集大成ともいうべきエンジンBlueHDiは、2013年9月からすでにグローバルで累計生産100万台を突破、日本市場へはシトロエンC4DS 4、プジョー308508、など同グループの3ブランド全5モデルに搭載され、2016年7月に導入。順調に売り上げを推移している。

シトロエンの量販ミニバンC4 ピカソについてもBlueHDiの導入が待たれていたが、今回、ピカソ専用に最適化された2.0Lの150psバージョンを初搭載するほか、よりプレミアムなミニバンとして大幅改良され登場した。

エクステリアでは、5シーターと7シーターのフロントマスクを共通化、ヘッドライト周辺にブラックのフレームを入れより引き締まった表情へとフェイスリフトされる。両手がふさがっていても開閉可能なハンズフリー電動ゲートや、PSAグループ最新の運転支援技術を多数搭載しているのも大きな特長だ。

C4 ピカソのラインアップと価格(消費税込)

【5シーター】

C4 PICASSO SHINE:347万円

C4 PICASSO SHINE BlueHDi:372万円

【7シーター】

GRAND C4 PICASSO SHINE:355万円

GRAND C4 PICASSO SHINE BlueHDi:380万円

なお、来春のフルライン導入に先駆け、シンプルな装備を搭載し価格を抑えたGRAND C4 PICASSO FEEL BlueHDi(ディーゼル・7シーター)を限定200台で販売する。

GRAND C4 PICASSO SHINE FEEL BlueHDi:372万円

▼C4 PICASSO フェイスリフトモデルの主な変更点

クリーンディーゼル搭載BlueHDiモデルの追加

CO2排出量を約15%軽減し、燃料消費量を約25%(C4 ピカソ:18.0km/L)改善した環境性能を誇るPSAグループのBlueHDiエンジンは、AdBlue(尿素水溶液)式SCR(Selective Catalytic Reduction)によりNOx90%、DPFによりPMを99.9%を除去。最新の欧州排ガス基準Euro6および日本のポスト新長期規制に適合したクリーン技術を採用している。

C4ピカソには、最高出力150ps、最大トルク370Nm/2,000rpmの出力特性をDS 4に搭載された2Lエンジンの基本設定を踏襲しながらファミリーカーであるC4 ピカソのキャラクターにあわせて最適にチューニングし搭載、パフォーマンスと実用燃費のバランスを図っている。エコカー減税100%対象で、購入費用とランニングコストを軽減した優れた経済性を誇る。

デザイン

【フロントフェイス】

5シーターと7シーターのフロントマスクを共通化し、同モデルとしての視認性を高めた。また、中央のダブルシェブロンから左右に伸びるクロームラインは、LEDポジションランプの手前でアクセントをつけている。

その他にもヘッドライトユニット周囲にブラックの縁取りを施し全体のバランスをとり、さらにはグリルを上下2分割。下部はフォグランプユニットを含む幅広なデザインとなりC型クロームデコレーションを加え、ワイド感とプレミアム感を向上させた。

【サイドビュー】

7シーターのみ改良、ルーフレールカラーを明るいシルバーとし存在感を際立たせている。装着されるアロイホイールも5シーター(17インチ)は新デザインを採用し、7シーター(17インチ)はグレーからブラックにホイールカラーを変更した。

【リアビュー】

リアのダブルシェブロンロゴはエンブレムの中央をブラックで塗りつぶし、引き締まった印象と立体感を出している。

【インテリア】

ダッシュボードの各部アクセントをブリリアントブラックに変更し全体をシックにまとめた。シートは新素材のブラック&グレーのコンビネーションシートを採用。

【ボディカラー】

新色としてラズーリブルーとサーブルが追加され、全6色での展開となった。

新装備(C4 PICASSO SHINEに装備)

◇ハンズフリー電動ゲート

電動テールゲートの開閉が、両手がふさがっている場合でも、リアバンパー下のセンサーによって足先を蹴りだすことで可能に。

◇アクティブセーフティブレーキ

衝突のリスクを検知してアラートを発し、ドライバーが回避操作を行わない場合にブレーキ<7238>をかける。(最大減速度約1G、50km/h程度の減速で、作動範囲は5km/h~。80km/h以下では停止車両を60km/h以下では歩行者も検知するが自転車やオートバイは検知しない)

◇アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)

エンジンブレーキによる減速だけでなく、ブレーキングによる減速効果で設定した車間距離を保つ。追随する前方車両が停止した場合は、車間を保持して停止。再発進するにはアクセル操作が必要となる。(作動スピードは30km/h~、最大前方検知範囲は150m程度。*ブレーキサポート付はディーゼルエンジン車のみ装備される)

◇レーンキープアシスト

カメラが車線を検知し、ウィンカー操作無しに車線をはみ出しそうになると、自動的にステアリングを修正する。(高速走行時65km/h~で作動)

◇アクティブブラインドスポットモニター

従来のドアミラー部のオレンジ灯による警告のみならず、ステアリングの反力により、危険な車線変更を抑制する。(12km/h~で作動)

◇スピードリミットインフォメーション

カメラが制限速度を認識して、フルデジタルインパネに表示。ドライバーは任意でクルーズコントロールおよびスピードリミッターに連動させることができる。

◇ドライバーアテンションアラート

ステアリングやアクセルペダルへの操作と、カメラによる車線に対するふらつきを検知して、居眠り防止の警告を行う。さらに一定速度以上での連続運転が2時間を超えると、コーヒーカップマークが警告音とともに現れ休憩を促す。

◇新タッチスクリーン

日本語を言語として選択できるようになった

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月21日(月)14時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】