ホンダ、新型クルーザーモデル“Rebel 500/300”を米国で発表!日本での発売も予定

オートックワン 2016年11月21日(月)10時28分配信

ホンダ<7267>の新型のクルーザーモデルRebel 500(レブル 500)Rebel 300(レブル 300)がロングビーチで開催されているIMS Long Beach(ロングビーチショー)で公開された。

このRebelシリーズは、デザインコンセプトをSIMPLERAW(未加工の素材)として、主に北米において、“ジェネレーションY”※と呼ばれる若い世代向けに開発。体格差や経験差、さまざまな使い勝手に対応できるよう、同一の車体にて排気量の異なるエンジンを搭載可能とし、ユーザーの感性を刺激するスタイリングと、いつでも気軽に楽しめるサイズ感のモーターサイクルを目指してつくられた。

なお、日本国内ではRebel 500およびRebel 250として発売を計画している。

※米国において1980年代から1990年代に生まれた世代

Rebel 500の主な特長

スタイリングは、アイコニックなフューエルタンク、くびれのあるナロースタイルのフレームボディー、マット&ブラックアウトに徹したパーツによって、タフでCOOLなイメージを表現。

前後タイヤはファット&ワイドサイズ(フロント130/90-16、リア150/80-16)を採用し、ナロースタイルの車体と相反する存在感を演出。ユーザーの自由な楽しみ方を想起させる。

エンジンは471ccのDOHC直列2気筒を搭載。吸排気、FIのセッティングを最適化することで、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現した。

Rebel 300の主な特長

Rebel 500と基本的なプラットフォームを共通とし、吸排気系、FIのセッティングを最適化した286ccのDOHC単気筒エンジンを搭載し、パルスフィールとスロットルを開ける楽しみを表現している。

なお、Rebel 500/300ともに、オプションのキットを装備することで、パッセンジャーシートの装着を可能とした。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月21日(月)10時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】