ビブグルマン誕生20周年記念 「ミシュランガイド東京2017」ビブグルマンのセレクションを先行発表

オートックワン 2016年11月22日(火)15時17分配信

日本ミシュランタイヤは、11月22日より「ミシュランガイド東京2017」に掲載されるビブグルマンのセレクションを先行発表する。

また、このセレクションは、11月22日15時から「ミシュランガイド東京2017」の発売日前日となる12月1日23:59まで、会員制ミシュランガイド公式WEBサイト「クラブミシュラン」にて期間限定で無料公開する。

ビブグルマンは、星はつかないもののコストパフォーマンスが高く良質な料理を提供する、ミシュランガイド調査員お勧めの飲食店・レストランを表している。

「ミシュランガイド東京2017」では、5,000円以下で食事ができる飲食店・レストランにこのマークがつけられています。このコンセプトは古く、1954年のフランス版ガイドにまでさかのぼる。

その後、ヨーロッパ各地のミシュランガイドで「丁寧に作られた質の良い食事を手ごろな価格で提供するレストラン」が導入されるようになり、1997年にはミシュランの象徴であるミシュランマンの顔を使った現在のビブグルマンのマークが創られた。

ミシュランガイド東京においては、2013年発行の「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014」にフランス料理とイタリア料理を対象として初めて登場した。翌2014年に発行された「ミシュランガイド東京2015」では和食に属する料理カテゴリーも加わり、どじょうやちゃんこ鍋など東京らしい料理カテゴリーが掲載。大幅にセレクションの幅が広がった。

さらに昨年発行された「ミシュランガイド東京2016」では評価対象がすべての料理カテゴリーまで拡大され、ますます魅力的で実用的なセレクションを提供している。尚、このセレクション及び後日発表される、星のセレクションが掲載された書籍は12月2日(金)の発売となる。

日本ミシュランタイヤ、代表取締役社長のポール・ペリニオ氏は、「このたびビブグルマン誕生20周年を記念して、東京のミシュランガイドで初のビブグルマン先行公開を行います。皆様に自信をもっておすすめしたい手軽な価格帯で食事を楽しんでいただけるビブグルマンを全セレクションに先駆けて発表することに致しました。多くの方にビブグルマンのセレクションをご覧いただくために、ミシュランガイド公式WEBサイト『クラブミシュラン』にて、本日から書籍版発売日の前日まで無料公開を行います。『クラブミシュラン』では、デジタルのよさを生かし掲載店を検索できますので、この機会に実際にサイトを訪れて使いやすさを体感いただければと考えています。ビブグルマンとして掲載された飲食店・レストランに行ったことがある方もない方も、この機会に訪れ、ミシュランガイドの幅広いセレクションに親しんでいただければ嬉しいです」と述べた。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月22日(火)15時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。