ガルウイングでSUV!?リンカーン ナビゲーターに大迫力のコンセプトモデルが登場!

オートックワン 2016年11月22日(火)15時52分配信

ロサンゼルスで開催中のLAオートショーで、リンカーンはナビゲーターのコンセプトモデルを出展した。

ナビゲーターといえば、ラグジュアリーで圧倒的な迫力を誇るフルサイズSUVだが、今回出品されたコンセプトモデルはなんとドアがガルウイングなのだ!

電動ガルウイングをガバっと開けば、前席にも後席にも乗り降りすることができるというもの。また乗り降りの際に折り畳み式のステップが現れるのも背の高いSUVならではの配慮だろう。

さらに、リアゲートを開けると服や靴などを収納できるスペースも設けられているのもユニークだ。

>>リンカーン ナビゲーターコンセプトを写真でチェック(17枚)

インテリアもラグジュアリーそのもので、6席あるシートは30通りのポジションに調整することが可能。また、Wi-Fiが完備されており、2列目/3列目は座面背部に設けられたモニターで音楽なども楽しむことができる。

先進装備では、4つのカメラで車両を上から見下ろすような映像を確認することができる駐車支援システムや、レーダーとカメラで前方の道路状況を把握して歩行者を含む前方衝突回避システムなどを搭載している。

リンカーンのデザインチームは、豪華なヨットや帆船にヒントを得てこのコンセプトモデルを開発したというが、それにしてもこのリンカーン ナビゲーターコンセプトの迫力はタダモノではない。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月22日(火)15時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。