ル・マン24の未来のマシンデザイン!?ミシュランが国際デザインコンペの受賞作品を発表

オートックワン 2016年11月24日(木)16時09分配信

ミシュランは“ル・マン2030:勝利へのデザイン”をテーマに開催された自動車の国際デザインコンペ“2017ミシュラン・チャレンジ・デザイン”の入選作品を発表した。

2017ミシュラン・チャレンジ・デザイン受賞作品

1位:「Infiniti Le Mans 2030」Tao Ni(中国、蕪湖)

2位:「Bentley 9 Plus Michelin Battery Slick」Daniel Bacelar Pereira(ポルトガル、ヴィラ・レアル)

3位:「Cierzo C1」Kurt Scanlan(カナダ、トロント)

1位入選者は2017ル・マン24時間レースで表彰されるスペシャルな特典も。1位から3位までの受賞者はミシュランのゲストとして北米国際オートショー(NAIAS)に招待されることになっている。また、ミシュランのデザイナーズ・レセプションで表彰され、審査委員会メンバーとともに作品レビューに参加。各受賞チームと最終選考カテゴリーの全メンバーは、ミシュラン・チャレンジ・デザインの受賞者と審査員限定のオンラインコミュニティに招待される予定だ。

ミシュラン・チャレンジ・デザインとは

このコンペは若いデザイナーを奨励・評価するためにミシュラン・チャレンジ・デザインとして2001年より開催している。大手自動車メーカーの先進デザインリーダーが審査員を務めていることもあり、最も権威ある世界的なデザイン・コンペティションのひとつになっている。耐久自動車レースの世界最高峰、ル・マン24時間のプロモーターであり主催者であるフランス西部自動車クラブ(ACO)と共同で実施したもの。

応募作品数は世界80カ国1,600点以上に上り、世界トップクラスの自動車デザイナーと業界エキスパートで構成される審査委員会が優秀作品を選出した。入選作品はオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、チェコ、インド、ポルトガル、ロシアなどの個人やデザイナーチームが手掛けたもの。ミシュラン・チャレンジ・デザインには過去16年間で123カ国から合計9,901点もの応募が寄せられている。

北米ミシュランのマーケティング副社長トム・ローチ氏のコメント

「2030年のル・マン耐久レースをテーマとした2017ミシュラン・チャレンジ・デザインの入選作品には革新的な特長が数多くみられ、参加作品のクオリティには目を見張るものがありました。受賞者の皆さんが耐久自動車レースの世界最高峰、ル・マン24時間のために作り上げた、魅力的で示唆に富むデザインを高く評価します」

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月24日(木)16時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】