日産 新型セレナに採用された“斬新なドア”がドイツのイノベーションアワードで1位に!

オートックワン 2016年11月28日(月)09時57分配信

自動車のドア周りの技術をベンチマークし、評価・表彰する「Doors and Closures in Car Body Engineering 2016」が11月15日・16日ドイツで開催された。そこで、日産 新型セレナハンズフリーオートスライドドアデュアルバックドアの技術がイノベーションアワードで1位に選ばれた。

2016年8月に発売した新型セレナは、ミニバンクラス世界初となる、同一車線自動運転技術プロパイロットを採用している。現在までの累計受注台数は3万台を優に超え、好評を得ている。

>>新型セレナを写真で見る

ハンズフリーオートスライドドアとデュアルバックドアとは?

イノベーションアワードで1位を受賞した新型セレナのハンズフリーオートスライドドアは、クルマに触れずにスライドドアが開閉出来る機能。子供を抱いている時や荷物を抱えて両手が使えない状況でも足を差し出すことでスライドの開閉が行える。

また、デュアルバックドアは、バックドアの上部のみを開閉することで、後ろが狭い駐車場でも荷物の出し入れが楽に行える二重構造のバックドア。ユーザーの利便性を追求したこの2つの技術は、コンベンション会場で高く評価され、多くのエンジニアから賞賛と関心を集めた。

今回のコンファレンスでは、日産を含む自動車メーカー9社がそれぞれのドア周りにおける最新技術を発表。なお、日産に続くアワード2位は、ルノーのエスパスで採用された樹脂バックドア技術が獲得し、ルノー・日産アライアンスで1位、2位を獲得するという輝かしい結果となった。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月28日(月)09時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】