マツダ 新型CX-5ついに広島で生産開始!日本販売は2月から

オートックワン 2016年11月29日(火)16時12分配信

世界約120の国と地域に導入予定

ロサンゼルスモーターショー2016において世界初公開されたマツダ<7261>新型CX-5が、11月28日、広島市内にある本社宇品第2工場においてついに生産を開始した。

新型クロスオーバーSUVの新型CX-5は、2017年2月より日本国内での販売を開始し、以降、順次グローバルに導入する予定。価格はまだ発表されていない。

【フォトギャラリー】マツダ新型CX-5のエクステリア・インテリアを写真で見る

マツダ<7261>の年間販売台数の約4分の1を占める基幹車種となったCX-5

CX-5は、新世代商品の第1弾としてSKYACTIV技術とデザインテーマ魂動(こどう)-Soul of Motionを初めて全面的に採用し、2011年11月より生産を開始した。2015年4月には、アクセラに次ぐ2番目の早さでグローバル累計生産100万台を達成し、これまでに、約157万台を生産している。

また、販売実績では、グローバルに毎年前年を上回る成長を続け、マツダ<7261>の年間販売台数の約4分の1を占める基幹車種へと成長した。

新型CX-5は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた“全てのお客様を笑顔にするSUV”をキーワードに、マツダ<7261>が一貫して追求する走る歓びのさらなる深化を目指して開発された。現在CX-5を販売する世界約120の国と地域に導入する予定です。

新型CX-5は現行型(旧型)と何が変わったの?

記事を読む>>待望のフルモデルチェンジ!マツダ新型CX-5のデザインの変化は?現行モデルと比較してみた

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月29日(火)16時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。