日産、AD/ADエキスパートを10年ぶりにマイチェン 車名をNV150 ADに一新

オートックワン 2016年11月30日(水)18時01分配信

Vモーショングリル採用で最近の日産顔に

日産は、AD/ADエキスパートを10年ぶりにマイナーチェンジするとともに、新世代商用バンのNVシリーズとして車名をNV150 ADに一新して12月26日より発売する。

価格(消費税込)155万3040~193万5360円となる。

今回の一部改良では、先進安全装備である歩行者検知可能なエマージェンシーブレーキ、LDW(車線逸脱防止警報)、およびVDC(ビークルダイナミクスコントロール)を主要グレードに標準装備し、高い安全性を実現した。

併せて、バンパーおよびグリルデザインを刷新し、日産ブランドのデザインシグネチャーであるVモーショングリルを採用することにより、商用車でありながらスタイリッシュなフロントデザインとした。

インテリアに関しては、インストアッパーボックスの容量拡大や大容量グローブボックスを採用することで、収納力を大幅に向上させるとともに、センターコンソールにはニーズが高い500ml紙パックに対応したカップホルダーを設定するなど、ビジネスシーンでの使い勝手を向上させた。

日産はビジネスをサポートする商用車について、積極的に先進安全装備を採用することで、事故の低減によるドライバーの安全確保に加え、業務稼働率の向上をサポートしている。

NV150 ADへのエマージェンシーブレーキ採用は、NV100クリッパー、NV350キャラバンに続き小型商用車では3車種目となる。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月30日(水)18時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。