アウディ、RS 3 セダンのレーシングカーRS 3 LMSを受注開始、価格は1835万円

オートックワン 2016年11月30日(水)12時00分配信

アウディジャパンは、アウディ RS 3 セダンをベースにしたレーシングバージョンであるアウディ RS 3 LMSを、株式会社アドバンスステップを通じて12月1日より受注開始する。

価格(消費税込)は1835万円を予定している。(為替変動により変更の可能性があり)

アウディは、9月29日に開幕したパリモーターショーの会場で、RSモデルの最新バージョンとなるアウディ RS 3 セダンを発表

同時に、2015年からFIA(国際自動車連盟)公認シリーズとして欧州などを中心にスタートしたツーリングカー選手権「TCRシリーズ」に向けて、RS 3 セダンがベースのアウディ RS 3 LMSを公開した。

アウディ RS 3 LMSは、アウディスポーツが開発を手がけたモデル。近年アウディスポーツはカスタマーレーシング活動に注力しており、日本国内でも2012年にGT3マシンアウディ R8 LMSの販売を開始。レース参戦により世界中のモータースポーツファンに支持されて、カスタマーレーシングセグメントにおけるマーケットリーダーになっている。

今回アウディ RS 3 LMSを導入することで、より幅広い層のモータースポーツファンがレースに参戦することが可能になる。

TCRシリーズは2016年に世界18カ国で10のシリーズ戦が開催、またF1選手権のサポートレースとして実施されるなど、世界同様、日本でもGT3カテゴリー以上の人気が期待されている。

アウディ RS 3 LMS TCR SEQは、全長4258mm、全幅1950mm、全高1340mmという空力を重視したワイド&ローなボディで、「TCRシリーズ」のレギュレーションに準拠。最高出力330馬力、最大トルク410Nmを誇る4気筒2.0リッターTFSIエンジンに、機械式ディファレンシャルギアと6速シーケンシャルギアボックスを搭載した。

車両重量は1160kgまで軽量化されており、0-100km/h加速はわずか4.5秒。安全性の面でも、大型のロールケージをはじめ、FIA準拠の安全燃料タンクやシート、セーフティーネット、さらにはアウディ R8 LMSで使用されているものと同様に屋根にレスキューハッチを備えている。

日本国内では、来期のスーパー耐久シリーズにTCR規定で走行するカテゴリーを新設する方向で調整が進められている。

>>アウディ RS 3 LMSとベース車両のRS 3 セダンの写真を見る

【アウディ RS 3 LMS TCR SEQ詳細】

エンジン:2.0リッター 直4 DOHCターボ

トランスミッション:6速シーケンシャル

最高出力/最大トルク:330PS/410Nm

駆動方式:FWD(前輪駆動)

ステアリング:左

希望小売価格(税込):1835万円

※スターターキット、ハンドオーバー作業費用込み

※輸送費、輸入諸経費、スペアホイール、その他オプションは別途費用が必要

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月30日(水)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】