スバル、アイサイト搭載の新型インプレッサなど5車種が予防安全性能で最高ランク獲得

オートックワン 12月05日(月)12時00分配信

新型インプレッサは歩行者保護エアバッグも標準装備

スバル独自の運転支援システムであるアイサイトを搭載するインプレッサ、レガシィ、フォレスター、レヴォーグ、WRX S4が、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施する2016年度予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクであるJNCAP 予防安全性能評価 ASV++を獲得した。

>>インプレッサ、レガシィ、フォレスターなどの写真を見る(全50枚)

2016年度予防安全性能アセスメントは、2015年度の評価対象となっている衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)[対車両]、車線逸脱警報装置(LDWS)、後方視界情報提供装置に加え、道路横断中の歩行者を模擬したターゲットに時速10km/h~60km/hで車両を接近させ、警報及び被害軽減ブレーキ<7238>の作動状況を評価するAEBS[対歩行者]の試験が実施された。

その結果、新型インプレッサは68.9点、レガシィは68.0点、フォレスターは69.5点、レヴォーグ・WRX S4は68.5点の評価となり、試験車種全てで最高ランクの予防安全性能評価 ASV++を獲得した。

スバル車は、これまでに実施された予防安全性能アセスメントにおいてもアイサイトを搭載するすべての車種が最高ランクを獲得しており、アイサイトを核とした予防安全性能の高さを実証している。

さらに、2016年10月に発売した新型インプレッサでは全グレードにアイサイトver.3を標準装備することに加え、万一の事故の際に歩行者の頭部への被害軽減を図る歩行者保護エアバッグも標準装備するなど、さらなる安全性能の追求に取り組んでいる。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月05日(月)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】