ホンダ、AI搭載で自動運転するコンセプトカーを国際家電ショーで世界初公開

オートックワン 2016年12月06日(火)18時00分配信

ホンダ<7267>は、2017年1月5日から8日まで米国・ラスベガスで開催されるCES 2017(国際家電ショー)に、「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマに出展する。

人とのコミュニケーションを行う人工知能(AI)を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー「ニューヴィー(NeuV)」を世界初公開する。

また、他社とのオープンイノベーションにより実現したさまざまな技術を展示し、AI、ビッグデータ、ロボティクスを活用したモビリティによって、人々の生活を豊かにするモノ・コトづくりの提案を行う。

さらに、ホンダ<7267>独自のロボティクス技術を活用したユニークな二輪のコンセプトモデルも世界初公開する。

その他には、パーソナルモビリティのUNI-CUB βの体験試乗コーナーや、コネクティッドカー技術(ネット接続型や車車間通信自動車技術)でスムーズな交通の流れを実現する提案、米国・シリコンバレーにおける情報技術の研究開発拠点で取り組んでいるオープンイノベーションの一環としての車載エンターテイメントの新技術などの展示を行う。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月06日(火)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。