トヨタ新型プリウスPHVのEV走行でポイントゲット!電気料金の支払いもできるサービスを電力会社5社と実施

オートックワン 12月06日(火)11時14分配信

「PHVつながるでんきサービス」プリウスPHV発売と同時に案内開始

トヨタは、今冬発売する新型プリウスPHVにおいて、車両のEVモード走行距離や自宅での充電量によって様々な特典を受けることができる新サービス「PHVつながるでんきサービス」を東北電力<9506>、東京電力エナジーパートナー、中部電力<9502>関西電力<9503>四国電力<9507>の5社とそれぞれ共同で実施する。

>>トヨタ新型プリウスPHVの写真をチェック(35枚)

このサービスは、新型プリウスPHVのユーザーにより長い距離をEVモードで乗ってもらうことで、クルマが環境に与える負荷を低減したいとの思いで企画。トヨタのコネクティッド戦略の柱である、モビリティサービスプラットフォームを活用した、異業種企業との連携の一つの形でもある。

具体的には、プリウスPHVに装着される車載通信機(DCM:データ・コミュニケーション・モジュール)を通じて得ることができるEVモード走行距離や自宅充電量等の情報を、トヨタからユーザーがサービス申込みをしている電力会社に提供。

その内容はユーザー自身がWEBサイトを通じて確認できるほか、内容に応じて電力会社からポイントが付与される。ユーザーはそのポイントを利用することで電力料金の支払いや、商品との交換を行うことができる。

なお、「PHVつながるでんきサービス」については、プリウスPHV発売と同時に専用WEBサイトでの案内を開始し、あわせて販売店にて各電力会社のサービス内容を紹介するチラシを設置する予定。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月06日(火)11時14分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】