アウディ初受賞!A4シリーズがインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを勝ち取る【編集記事まとめ】

オートックワン 2016年12月10日(土)11時02分配信

2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル インプレッサが受賞しましたが、輸入車に贈られるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーにはアウディ A4シリーズ(A4/A4アバント<3836>/A4オールロードクワトロ)が輝きました。

37年の歴史を持つ日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、アウディがインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは初めてのこと。

しかも今回はボルボ XC90と4票差という大接戦の末、A4シリーズが見事にインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを勝ち取りました。

A4は、前身の80と併せて累計1200万台以上を販売してきたプレミアムミッドサイズカーの世界的な人気モデルです。

テクノロジーとデザインの美を魅力的な形で融合させたスポーツセダン/ステーションワゴンとして、各国の市場で支持を得てきました。

今回8年ぶりの全面改良された新型A4は、新世代の予防安全システムのアウディプレセンスや、渋滞時に同一車線内で追従するトラフィックジャムアシスト、バーチャルコクピットなどの最新技術を惜しみなく投入すると同時に、デザイン、品質、走行性能などすべての点を刷新し、磨き上げることで、このセグメントの新たなベンチマークとして生まれ変わりました。

アウディジャパン社長の斎藤 徹氏は、「新型A4シリーズは、新世代のパワートレインの採用や大幅な軽量化により、従来モデルと比べ燃費性能を最大33%向上。躍動感あふれるスポーティでエレガントなデザイン、卓越したドライビング性能、先進の安全装備、“五感”に訴える高い品質と多彩なユーティリティでこのクラスに新しい基準を打ち立てました。新型A4シリーズが持つ数々の特徴を高く評価していただいた選考委員の皆さまに感謝するとともに、今回の受賞を心から嬉しく思っております。」とコメントしました。

そんな、注目の新型A4シリーズの記事を一気読み!

これまでオートックワンで掲載してきたニュース、試乗レポート、解説記事を以下に厳選してお届け致しますのでぜひご覧ください!

>>アウディ A4シリーズの写真はこちら(47枚)

記事一覧

【ニュース】

アウディ、新型「A4」を発売 ~ステアリング操作を自動で行うACCを標準装備~

アウディ、累計生産220万台超の世界的人気モデル「A4 アバント」をフルモデルチェンジ

アウディ A4/A4アバントに初の1.4リッター直噴ターボエンジン搭載

新しい「quattro(クワトロ)」を搭載!アウディ、「A4 オールロードクワトロ」発売

【試乗記・解説など】

【試乗】アウディ新型「A4」日本導入スタート!アウディの世界観が凝縮されたエースの登場!

[試乗]アウディ A4に追加されたベーシック版 ”1.4 TFSI”/思いのほか良好だった1.4リッターの走りっぷり

“半自動運転”とも呼べる新機能も搭載した「アウディ 新型A4」発売【徹底解説】

皆川 賢太郎が語る、アウディとスキーヤーの意外な共通点とは[アウディ 新型「A4」発表会レポート]

アウディ A4/日野礼香の診察しちゃうぞ!

アウディのステーションワゴン大本命、新型「A4アバント」が先進の安全装備を多数備えて遂に登場!【徹底解説】

ステーションワゴンでもセダン同様スポーティなアウディ 新型 A4アバント 試乗レポート

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月10日(土)11時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】