2016年最も優れているカラーデザインにマツダ新型ロードスターRF

オートックワン 12月12日(月)14時37分配信

オートカラーアウォード2016の頂点に!

一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)が主催するオートカラーアウォード2016の審査会において、マツダ<7261>新型ロードスターRFに採用した外装色のマシーングレープレミアムメタリックと内装色のオーバーンがグランプリに輝き、総合的に最も優れたカラーデザインとなった。

マツダ<7261>が同賞を受賞するのは2代目ロードスターがオートカラーアウォード2001を受賞して以来、2回目となった。

>>新型ロードスターRFを写真で見る

日本流行色協会による授賞理由

マツダ<7261>が行なってきたCMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)でのブランド構築の集大成とも言えるカラーデザインである。

・CMFと形状が一体となって、非常に調和した美しさを持っている。

・マシーンの鉄をイメージさせるグレーを、液体を思わせるような金属感により、グラマラスでセクシーなデザインとして作り上げた。

外装色・内装色の特徴

外装色のマシーングレープレミアムメタリックは、“機械の持つ精緻な美しさの追求”をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、鉄の無垢感のような質感表現を実現している。

内装色には情熱的で成熟した大人の色合いのオーバーンをカラーコーディネートし、知的で成熟した大人の魅力を表現した。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月12日(月)14時37分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】