スバルがN-BOXやタントの対抗の新型軽自動車“シフォン”を発売

オートックワン 2016年12月13日(火)14時29分配信

衝突回避支援システム スマートアシスト3を標準装備

富士重工業<7270>は、新型シフォンを、12月13日より発売する。

価格(消費税込)は、シフォンが128万5200円~154万4400円、シフォンカスタムが161万7840円~187万3800円となる。

新型シフォンは、スバル初のモアスペース系の軽自動車として、クラストップレベルの室内空間を実現。

両側のスライドドアに加え、助手席側にはBピラーをドアに内蔵したミラクルオープンドアを採用することで、1490mmと大きなドア開口部とした。ロングスライドの助手席と共に後席へのスムーズな乗り降りをサポートするとともに、荷物の載せ降ろしなど日常の使いやすさを考慮した。

安全面では、新開発のスマートアシスト3を全車に標準装備。ステレオカメラを採用することで、作動速度域の拡大や対歩行者への緊急ブレーキ<7238>の作動、ハイビームアシストなど、安全性をさらに高めた。

フロントフェンダーやリアゲートを樹脂化するなど車両の軽量化を図るとともに、リアゲートとルーフスポイラーの一体成形による空気抵抗の低減などにより、全車2020年燃費基準を達成した。

なお、スバル シフォンはダイハツ タントのOEM車である。

>>スバル シフォン/シフォンカスタムの写真を見る(25枚)

スバル シフォンの主な特長

【パッケージ&ユーティリティ/快適装備】

・パワースライドドア(ワンタッチオープン機能付)

子供やたくさんの荷物を抱えてクルマに乗り込むときに便利なワンタッチオープン機能付のパワースライドドアを採用。

ドアハンドルのワンタッチスイッチを押すだけでロック解除と同時にスライドドアが開く。(左側:Lスマートアシストを除く全車に標準装備 右側:RS Limitedスマートアシストに標準装備、G スマートアシスト、R Limitedスマートアシスト、R スマートアシストはオプション)

・スライドドアイージークローザー(左右)

半ドアの位置まで閉めると、あとは自動的に全閉する便利なイージークローザーを採用。開閉時に一定以上の力が加わるとドアが反転する挟み込み防止機能や、室内からドアを開けられないようにするチャイルドロック機能も備えている。(L スマートアシストを除く全車に標準装備)

・キーレスアクセス&プッシュスタート

電子カードキーを携帯していれば、ドアハンドルやバックドアのリクエストスイッチを押すだけでドアの施錠と開錠が行える。電子カードキーがないとエンジンが始動しない盗難防止に役立つイモビライザー機能付。また、電子カードキーの電池残量が減ると、メーター内の警告灯でお知らせする機能も備えている。(L スマートアシストを除く全車に標準装備)

・運転席シートヒーター/リアヒーターダクト

運転席シートにシートヒーターを装備し、寒い日や寒冷地でのドライブの快適性を高めた。さらに、リアシートの足元には温風を吹き出すリアヒーターダクトを配置した。(L スマートアシスト 2WD車を除く全車に標準装備)

・スーパーUV&IRカットガラス

フロントドアガラスもフロントウィンドウガラスと同様に、日焼けの原因となる紫外線を99%カット(自社調べ)。

また、赤外線(IR)を効果的に遮断し、ジリジリとしたお肌への刺激を低減。日差しの暑さによる車内の温度上昇を抑え、エアコン効率も向上する。(L スマートアシストを除く全車に標準装備)

【安全性能】

・スマートアシスト3

システム方式が、スマートアシスト2の単眼カメラ+レーザーレーダーから、ステレオカメラに進化。ステレオカメラは視野内の物体を立体的かつ同時に複数認識する事が可能で、これにより制御対象や認識範囲が大きく拡大した。

・0次安全/視界設計

サイドアンダーミラーとリアアンダーミラーを装備し、見えにくいサイドや後方の下方視界を確保。小さなポールやコンクリートブロックなど見落としがちな障害物をしっかり確認することができる。

・衝突安全ボディ

フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造にすると共に、高張力鋼板や差厚鋼板の採用などにより、衝撃吸収性能を向上させ、強固なキャビンを実現した。助手席側フロントドア後端部とリアスライドドア前端部には、超高張力鋼板を使用したピラーを内蔵。広い開口部と衝突安全性を両立した。

・エアバッグ

全車に標準装備のデュアルSRSエアバッグに加え、側面衝突時に乗員の安全を確保するSRSサイドエアバッグ(運転席、助手席)をカスタムに標準装備とした。さらにRS LimitedにはSRSカーテンエアバッグをメーカーオプションとして設定した。

・コーナーセンサー

誤後進抑制機能ソナーに、コーナーセンサー機能を持たせた。後進時に死角となりがちな後方の障害物をソナーが認識し、歩行者や障害物の接近を警告音でお知らせする。

・エマージェンシーストップシグナル

60km/h以上で走行中に強くブレーキ<7238>を踏んだ場合、ブレーキランプ点灯と同時にハザードランプが高速で点滅。後続車に急ブレーキ<7238>を知らせて注意を促す。

【燃費性能】

・低燃費を実現するために、徹底的な車両の軽量化を行った。フロントフェンダーやリアゲート、レールカバーといった外板の素材に樹脂を採用。また骨格の見直しにより、高張力鋼板や超高張力鋼を採用し軽量化と剛性確保の両立を図った。

さらに、空力パーツの採用やリアゲートと一体成形のルーフスポイラーによる空気抵抗の低減など、空力性能を向上。JC08モード燃費は28.0km/Lで、全車で2020年燃費基準を達成した。

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月13日(火)14時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】