世界を制したスバル インプレッサ WRC2003がよみがえる!週刊『スバル インプレッサをつくる』創刊

オートックワン 2016年12月14日(水)12時17分配信

アシェット・コレクションズ・ジャパンは、世界を制覇したワールドラリーカーの雄、スバル インプレッサ WRC2003を組み立てるコレクション、週刊『スバル インプレッサをつくる』の先行予約を12月13日(火)より開始した。

なお、全国書店では、2017年1月5日(木)に販売を開始する。

スバル インプレッサは、ラリー王者のDNAを秘めて誕生した。

1992年にスポーツワゴン車として発売された翌年、スバルはこれを世界ラリー選手権(WRC)に向けてチューンアップ。スバル インプレッサ555として臨んだWRCデビュー戦で2位入賞の快挙を成し遂げた。

1995年には世界の頂点に立ち、以降3年連続でマニュファクチャラーズタイトル、1995、2001、2003年のドライバーズタイトルを獲得。

世界中のラリーカーファンに、インプレッサの名とスバルの六連星を印象づけた。 スバル インプレッサは惜しまれながら2008年にWRCから撤退。14年間同一社名でワークス・フルエントリーした記録はWRC史上最長となっている。

週刊『スバル インプレッサをつくる』では、スバルチームがWRCドライバーズタイトルを最後に獲得した2003年モデル、モンテカルロ戦のターマック(舗装路)仕様のマシンを制作する。

1/8スケールならではの精密設計で、ワールドラリーカーの構造とディテールを組み立てながら味わえるとともに、ヘッドライトやブレーキランプ、室内灯やナビライトの点・消灯、独立懸架のサスペンションやフロントウィンドウ上げ下げの再現、内蔵スピーカーからの迫力のエンジン音の再現など、魅力のギミックが満載。

マガジンでは、スバル インプレッサとワールドラリーカーの魅力を徹底解説。

特製バインダー(別売)にファイリングすれば、スバル インプレッサとワールドラリーカーの大百科が完成する。

定期購読を申込みした方には、もれなくスバル インプレッサ WRC2003 ラリー・ニュージーランド仕様の1/43スケールモデルと特製プレートセット、特製ディスプレイボードがプレゼントされる。

【週刊『スバル インプレッサをつくる』概要】

タイトル:スバル インプレッサをつくる

発売日:2017年1月5日(木)※地域によって発売日は異なる(インターネットでの予約販売開始中)

価格:創刊号特別価格 本体277円+税 ※2号以降は本体1666円+税

雑誌コード:32703

全国の書店・商品ウェブサイトで発売

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月14日(水)12時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】