トヨタ新型C-HRにTRDがオンとオフ2種類のエアロパーツを設定

オートックワン 12月14日(水)15時57分配信

都会的なアグレッシブスタイルとオフロードのエクストリームスタイル

TRDブランドでカスタマイズパーツの開発・販売を行うトヨタテクノクラフトは、C-HR(CHR)の発売にあわせTRDパーツを発売した。

 “Your Only Fun SUV”をコンセプトにオンロードイメージのアグレッシブスタイル(Aggressive Style)、オフロードイメージのエクストリームスタイル(Extreme Style)の趣の異なる2種類のエアロパーツを設定。価格(消費税抜)は、12万1000円からとなる。

また、機能部品も初設定となるドライビングのしやすさを追求したスポーツシートカバー、車両の操縦安定性と乗り心地を向上させるモーションコントロールビームを設定した。

その他、アルミホイールも18インチと17インチ合わせて5種類を用意した。

>>C-HR TRDパーツ装着車の写真を見る

オートックワン
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月14日(水)15時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】